内藤剛志「現場で毎日を過ごせるのが最高に幸せ」 67歳の誕生日を『警視庁・捜査一課長』の仲間が祝福

内藤剛志「現場で毎日を過ごせるのが最高に幸せ」 67歳の誕生日を『警視庁・捜査一課長』の仲間が祝福

『警視庁・捜査一課長season6』主演・内藤剛志と誕生日を祝うレギュラーキャスト陣(C)テレビ朝日

ドラマ『警視庁・捜査一課長 season6』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)で主演を務める内藤剛志の67歳の誕生日を、斉藤由貴、鈴木裕樹、飯島寛騎、陽月華、菊池隆志、ナイツ・塙宣之、金田明夫ら、一課長とともに事件に立ち向かうレギュラーキャストたちがサプライズで祝福した。

 ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描く本作。

 5月27日に67歳の誕生日を迎える内藤。撮影の合間、スタッフに呼ばれて捜査一課長室のセットに戻った内藤を待ち受けていたのは、こっそりサプライズの準備をしていたレギュラーキャスト&スタッフたち。斉藤が大きな花束を手渡し、「お誕生日ぃーー」と声をかけたのを合図に、キャストたちが「おめでとうございまーーす!」と一斉にクラッカーを鳴らしてお祝いした。

 続いて、全員を代表して金田から、『season6』のポスタービジュアルを完全再現した似顔絵アイシングクッキーデコレーションを贈呈。その場にいるキャストたちがクッキーになって集結した、まさに『捜査一課長』チームの結束力を表すようなプレゼントに、内藤は「うわぁ、これはスゴイ! ありがとうございます!」と大感激。「67歳になりましたが、こうして現場で楽しい毎日を過ごせることが、何よりも最高! とてもうれしく思っています」と、感謝の思いを語った。

 その後、「内藤さん、ひと言!」とスピーチを求められた内藤は「では、いいハナシをひとつだけさせてください!」と、91歳になる自身の母のエピソードを披露。「実は、母が僕を妊娠中、大きな病気があることがわかって手術をしなければならなくなったんです。でも全身麻酔をかけると胎児もあきらめなくてはならず、母は局所麻酔のみで手術に挑み、その数ヵ月後に僕が生まれました。もしあのとき、母があきらめて選択を変えていたら僕はいない…。誕生日はうれしい日ですが、母に対する感謝の日だとも思っています」と母にも感謝。「この命を大切にこれからも頑張ります。ありがとうございました!」と締めくくり、一課長室は拍手に包まれていた。

 なお、本日26日は第7話が放送。物語のカギを握る土田一花を演じる松井愛莉のほか、『今日、好きになりました。』(ABEMA)で注目を集めたインフルエンサー・石川涼楓も海野翼役でゲスト出演する。

 木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season6』は、テレビ朝日系にて毎週木曜20時放送。

関連記事(外部サイト)