木村拓哉『未来への10カウント』、撮影現場に土佐兄弟が潜入 Wタクヤがミット打ち

木村拓哉『未来への10カウント』、撮影現場に土佐兄弟が潜入 Wタクヤがミット打ち

ドラマ『未来への10カウント』撮影現場に土佐兄弟が潜入(C)テレビ朝日

特別番組『木村拓哉主演ドラマ「未来への10カウント」 ついに最終章!芸人が現場潜入で大ハプニングSP』が、テレビ朝日にて今夜5月28日24時より放送される。

 『未来への10カウント』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)は、木村拓哉演じる、生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。

 メイキング特番第3弾となる今回のスペシャルでは、視聴者の心を揺さぶってきた《胸アツシーン》をおさらいしてもらうべく、『未来への10カウント』に激ハマり中のEXIT・りんたろー。&土佐兄弟(卓也、有輝)がそれぞれ、視聴した瞬間にノックダウンしたという《胸アツシーンBEST3》を激白する。

 実はりんたろー。と土佐兄弟の兄・卓也、共に木村拓哉ファン歴20年以上ということもあり、『未来への10カウント』に対する愛もハンパない。りんたろー。がしみじみとした表情で「人の成長の過程に心を打たれる」と語れば、卓也も畳み掛けるような勢いで「これはたまらない! どえらいドラマが来た!」と熱弁。今回はランクインしたシーンをプレイバックすると共に、2組が各シーンの魅力も前のめり解説する。

 さらに、今回は「木村さんに会うために芸能界に入ったと言っても過言ではない」という卓也が、『未来への10カウント』を見てボクシングジムにも入会したことが判明。そんな卓也が本メイキング番組でさらにテンションを爆上げする。土佐兄弟がドラマの撮影現場に潜入。胸アツの聖地ともいうべき《松葉台高校ボクシング部の部室セット》の中へ足を踏み入れる。

 しかも、桐沢がよく座っている場所に座り、桐沢のリュックを見て大興奮する卓也の前に、ほかでもない木村が登場。さらには部長・伊庭海斗役の高橋海人(King & Prince)、唯一の女子部員・水野あかり役の山田杏奈、伊庭の跡を継いで新キャプテンとなった玉乃井竜也役の坂東龍汰も現れ、土佐兄弟は喜びのあまりパニック状態に…。

 そんな中、なんと木村が自ら進んで卓也のミット打ちを受けるという、夢のWタクヤ企画も実現。卓也は尋常じゃない心拍数上昇で汗だく、息を切らしながら「夢じゃないよね!?」と、目をパチクリさせ…。しかし、夢のような時間はこれだけでは終わらない。木村発の粋なサプライズで《みんなで記念撮影》をした上に、木村の口から直々に《卓也が思わず絶叫する胸アツ提案》も発表され…。

 『木村拓哉主演ドラマ「未来への10カウント」 ついに最終章!芸人が現場潜入で大ハプニングSP』は、テレビ朝日(関東ローカル)にて5月28日24時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?