「21歳のトム・クルーズに映画作りの全てを教えた」 製作者ブラッカイマーが語るトム・クルーズの昔と今

「21歳のトム・クルーズに映画作りの全てを教えた」 製作者ブラッカイマーが語るトム・クルーズの昔と今

ジェリー・ブラッカイマー クランクイン!

1986年に公開された『トップガン』から36年、現在公開中の続編『トップガン マーヴェリック』で再びトム・クルーズとタッグを組んだプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー。「製作当時21歳だったトムに、映画作りの全てを教えた」と語るジェリーが、野心あふれる若き日のトムを回想するとともに、ハリウッド映画をけん引するスーパースターに成長した彼のストイックな生きざまについて熱く語った。

 本作は、世界的危機を回避するため極秘ミッションを決行する、米海軍エリートパイロット養成学校“トップガン”の活躍を描くスカイアクション。誰もが不可能と口にする無謀な作戦を成功させたい海軍は、アイスマンことカザンスキー海軍大将(ヴァル・キルマー)の特命により、伝説的なパイロット、ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル(トム)をトップガンの教官として復帰させる。新世代チームと共に命懸けのミッションに挑むことになったマーヴェリックだが、そこには、今は亡き元同僚グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿があった。

●トム・クルーズはなんでも吸収する“スポンジ”のような男

 前作を愛するファンのために、“郷愁”を感じるシーンをふんだんに盛り込みながら、初めて『トップガン』を体験する人にも「存分に楽しんでいただけるエンタテインメントに仕上げた」と自信をのぞかせるジェリー。物語上では、「この30数年、マーヴェリックはどんなことを経験し、今どういう状況にあるのか…そういった背景もしっかりと描いた」と強調する。マーヴェリックと同じ年月を刻んできたトムは、紛れもなくハリウッドを代表する不動のスーパースターに成長したが、前作で初めて会った時の印象をジェリーはこう述懐する。

 「撮影が始まった時はまだ21歳だったと思いますが、とにかく映画作りに対してものすごい情熱を持っていました。『なんでも吸収したい! なんでも学びたい!』というトムの気迫に押され、私は教えられる全てのことを教えました。カメラワークや編集作業などクリエイティブな面だけでなく、人の雇い方、問題が起きた時の対処の仕方、さらにはプロモーションのやり方など、ありとあらゆることをね」。その熱量は、36年経った今も全く変わっておらず、そのブレない姿勢が彼に豊かな経験をもたらした。

 「『トップガン』以降、ハリウッドの未来を担うトップスターとなったトムは、スティーヴン・スピルバーグやスタンリー・キューブリック、シドニー・ポラックといった巨匠たちと仕事をするチャンスに恵まれ、さらにはダスティン・ホフマンやポール・ニューマンら名優たちとも共演する機会を得て、彼らから学んだことも、全て自分の中に吸収していましたね。トムはまるで “スポンジ”のような男(笑)。そして今回、彼が蓄積してきたそのノウハウを惜しげもなく作品に注いでくれたおかげで、想像をはるかに超える素晴らしい作品を作ることができました」。

●トム・クルーズと仕事をする時は「本物」でなければならない

 また、トムと仕事をする時は、常に“本物”でなければならない。いくらテクノロジーが発達しても、ことアクションに関しては、CGで安全にやろうという発想がない。常にリアルを求めている。「時には、『危ないからやめてくれ』と願うこともありますよ。でも、そこに関しては絶対に曲げないですよね。言っても聞かない(笑)。本作では、俳優全員がトムの考えたプログラムに参加し、3ヵ月かけてパイロットとしての訓練を受けましたが、それはもう壮絶でした。最初はプロペラ機からスタートし、曲芸飛行、ジェット機と段階的に強度を高めていくんですが、最終的に“7G(体重×7倍の負荷)”に耐えなければならない。わかりやすく言えば象に踏まれながら演技をする感覚ですかね、俳優は大変でした」と苦笑い。

 だが、トムだけは「体力が異次元」だとジェリーは証言する。「前作では、F-14戦闘機(今回はF/A-18に進化)でしたが、フッテージ映像を観ると、吐いたり、失神したりしている俳優がほとんど。使えるフッテージはトムだけだった。今回はそういった経験も生かしながら、また、私生活でもジェット機を操縦することも踏まえ、俳優たちがなるべくスムーズにパイロットの世界に入っていけるよう綿密に計画を立てていましたね。彼は自分の役だけでなく、作品の全てのことに関心を持ち、注意を払っている。そこも、彼が40年近くスーパースターであり続ける大きな要因だと思っています。トムほど仕事熱心な人を知りません」。

●トム・クルーズは言い切った「アイスマンが出ないなら続編は作らない!」

 現在59歳のトム。今作では自ら製作にも加わっているが、21歳の若造トムを教育した立場でもあるジェリーにとって、やりづらさはなかったのだろうか。バイタリティーあふれるトムと同じ立場になったことに対して彼は、「そんなことは全くないです。トムの性格はよく理解しているし、俳優としてもリスペクトしているし。たまに意見の相違があって口論になることはありますが、二人とも『最高の映画を作りたい』という同じ目標を持っている。だから、最終的には徹底的に話し合って、よりベストなアイデアを採用するだけなんです」と強調する。

 アイスマン役のヴァル・キルマーの起用に関しても、ジェリー自身は(大病を患ったヴァルの状態を心配し)複雑な思いもあったようだが、「トムは、『ヴァルが出演しないなら続編は作らない』とまで言い切ったんです。確かにヴァルに出てもらうことは、この映画にとってとても重要なことだと私も思っていたので、そこはトムと意見を合わせてヴァルにオファーをかけました。するとヴァルはものすごく喜んでくれて…彼の方からもいろんなアイデアが出されたんですが、脚本家も交えながら練りに練って、マーヴェリックとのあの感動的な再会シーンを撮ることができた。これも、トムの考えがベストだと思い、ともに意志を貫いたからこそ生まれた奇跡ですよね」。

 「映画を観に来る皆さんを楽しませたい」…その一心で映画作りにまい進するハリウッドの両雄。さしずめトムが太陽なら、物静かなジェリーは月。タイプは全く違うが、二人は心の奥底で深く、固く、つながっているようだ。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『トップガン マーヴェリック』は公開中。

関連記事(外部サイト)