『俺かわ』スピンオフ第3話、“一ノ瀬”大橋和也が“須藤”津田健次郎に弟子入り 『俺かわ』の裏側も配信決定

『俺かわ』スピンオフ第3話、“一ノ瀬”大橋和也が“須藤”津田健次郎に弟子入り 『俺かわ』の裏側も配信決定

『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』第3話より(C)テレビ朝日・ジェイ・ストーム

ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系/毎週土曜23時30分)のスピンオフドラマで、なにわ男子の大橋和也が主演する『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』の第3話が、TELASAにて5月28日の『俺かわ』第7話放送終了後より独占配信される。

 『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』は、山田涼介(Hey!Say!JUMP)演じる「かわいい」を武器に生きてきた<あざかわ男子>丸谷康介と、芳根京子演じる26年恋愛経験ゼロの<ロボット女>真田和泉という、キュンすることが難しい不器用な2人の遅すぎる初恋を描く“キュンムズ”ラブコメ。

 スピンオフドラマ『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』の主人公は、本編で図らずも康介の“かわいい”を脅かす存在となる若手社員・一ノ瀬圭(大橋)。弥生ビールの関西支社から東京本社の営業1部に異動してきた入社3年目の若き営業マン・一ノ瀬が、恋に仕事に奮闘しながら成長していく甘酸っぱくもほろ苦い上京物語だ。

 第3話では、バリバリ仕事をこなし、悩みを吹き飛ばすような素晴らしい言葉を掛けてくれる部長・山室つかさ(西田尚美)に憧れてやまない若き営業マン・一ノ瀬が一念発起。つかさと対等に会話ができるカッコイイ大人になるべく奮闘する。でもカッコイイ大人って…?

 悩む一ノ瀬の目に飛び込んできたのは、まさにつかさと同じ目線で打ち合わせしている商品開発部の須藤周平(津田健次郎)の姿。目標を須藤に定めた一ノ瀬は彼をピッタリマーク、表情やしぐさをひそかに完コピしてみるが…?

 さらに、そんな一ノ瀬の様子を不審に思った須藤に声を掛けられ、まさかの弟子入り志願。声のトーンや会話の間などをじきじきにレクチャーしてもらうことに。はたして、一ノ瀬は“イケおじ”須藤のように、渋く落ち着きのある大人に近づくことができるのか?

 そして、今回の第3話には、『俺かわ』本編で康介(山田)の人生を大きく揺るがすことになったあの人物が参戦する。

 また、6月4日には、スペシャルコンテンツ『最終回直前SP〜俺かわの裏側はもっと可愛かった!?〜』をTELASAにて独占配信することも決定。大橋演じる一ノ瀬のナビゲートで、貴重な撮影現場の様子を届ける。主演の山田涼介ほかおなじみのキャスト陣も続々登場。にぎやかで和気あいあいとした撮影風景を大公開。「俺かわ」キャスト陣の素顔が垣間見られる。

 スピンオフドラマ『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』第3話は、5月28日の『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第7話放送終了後よりTELASAにて配信。

関連記事(外部サイト)