成海璃子、『元彼の遺言状』で月9初出演 事件解明のカギを握る女性役

成海璃子、『元彼の遺言状』で月9初出演 事件解明のカギを握る女性役

ドラマ『元彼の遺言状』に出演する成海璃子(C)フジテレビ

女優の綾瀬はるかが主演を務め、俳優の大泉洋が共演するドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話(6月6日放送)に、女優の成海璃子が出演。篠田(大泉)が容疑をかけられている「十ヶ浜強盗殺人事件」の重要参考人を演じる。

 本作は、奇妙な遺言状に導かれた敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)と作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉)が数々の不可解な殺人事件を追っていくリーガルミステリードラマ。原作は2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した新川帆立の同名小説。

 第9話と第10話では、篠田が容疑をかけられている「十ヶ浜強盗殺人事件」の全貌を2週にわたり放送。なぜ篠田は殺人犯として追われる身になったのか。そして真犯人は誰なのか。全てはここで明かされる。

 そんな第9話で成海が演じるのは、事件の当時を知る重要参考人・滝沢美月役。美月は漁村にあるリストランテ「プロメッサ」のスタッフで、6年前、この店で開かれたパーティーで事件は起きた。主催者である実業家の小笠原仁美(田山涼成)が背中を刺され死亡。凶器の包丁と中身を抜き取られた小笠原の財布には篠田の指紋が残っていたという。篠田が小笠原から金を借りていたことや、事件の直前に殴りかからん勢いで口論していたことなどの目撃証言もあり、姿をくらました篠田に容疑がかかったのだ。

 当時、パーティーの受付係として客の応対をしていたという美月。出入りする人間を見ていたはずの彼女に対し、麗子は当時の篠田の様子を問うが、美月は「すみません、覚えてないんです」と多くを語ろうせず、何か隠していそうなそぶりを見せる。静かな漁村で起きた凄惨(せいさん)な事件。しかし、真相解明に奔走する麗子たちを前に、さらなる犠牲者が出てしまう。

 本作で月9ドラマ初出演となる成海は「今回、綾瀬はるかさん、大泉洋さんとも初共演で、鈴木(雅之)監督の演出も初めてという、初めて尽くしの作品の現場に参加させていただき、大変嬉しく思っています」とコメント。「テンポ感のある作品の中で私が演じる美月がどう関わっていくのか、ぜひお楽しみに。私も放送が今から楽しみです」と呼びかけている。

 ドラマ『元彼の遺言状』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

関連記事(外部サイト)