Juice=Juice・稲場愛香、涙と感謝の卒業公演 「もっともっと強く成長していきたい」

Juice=Juice・稲場愛香、涙と感謝の卒業公演 「もっともっと強く成長していきたい」

Juice=Juiceおよびハロー!プロジェクトを卒業した稲場愛香

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceが30日、東京・日本武道館で「Juice=Juice CONCERT TOUR 〜terzo〜 FINAL 稲場愛香卒業スペシャル」を開催。約9000人を前にメドレー含む全26曲を披露した。Juice=Juiceへの加入から約4年のサブリーダー・稲場愛香は、涙ながらのスピーチでこれまでの活動を糧に「もっともっと強く成長していきたい」と力強く宣言した。

 稲場は、ハロプロ研修生の活動を経て、2014年11月にカントリー・ガールズの結成メンバーとして加入。2016年9月に持病の治療に専念するという理由で同グループを卒業し、2017年9月、地元の北海道を拠点にハロプロ研修生北海道の“リーダー的立場”として活動を再開した。Juice=Juiceへの加入は、2018年6月。2021年12月末で段原瑠々と共にグループのサブリーダーへ就任し、2022年3月にグループ及びハロー!プロジェクトの卒業を発表した。

 3月からスタートした単独コンサートツアー「Juice=Juice CONCERT TOUR 〜terzo〜」の千秋楽となった大舞台。オープニングBGMが流れた直後、客席中が稲場のメンバーカラー“ホットピンク”に染まった。

 公演の幕開けを飾ったのは力強くしっとりと歌い上げる「Va-Va-Voom」。続く「プラトニック・プラネット」で観客の心をより強く引き寄せ、2022年4月発売の3rdアルバム『terzo』から初披露の曲「POPPIN’ LOVE」では、心弾むメロディに合わせてメンバーがキュートな表情を浮かべた。

 MCでは、大部分がピンクに染まる客席をあおぎ見るメンバーから「すごい!」と歓声が飛ぶ。リーダー・植村あかりの「We are」のかけ声に続き、全員で「Juice=Juice!」と元気よくあいさつ。稲場は、メンバーとして最後のステージへの意気込みを込めた。

 パフォーマンスへ戻り、「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」に続く「STAGE〜アガッてみな〜」では、間奏のメロディに合わせて井上玲音が特技のボイスパーカッションで鋭い表情を見せた。

 間髪入れずステージは進み、3rdアルバムからの初披露曲「ノクチルカ」に続く「Future smile」の間奏では有澤一華が特技のバイオリンを華麗に奏で、初披露の3rdアルバム収録曲「G.O.A.T」では、息の合ったしなやかなダンスで観客を魅了。「禁断少女」「ロマンスの途中」と、キラーチューンでたたみかけた。

 MCを挟み、インストゥルメンタルのダンサブルな音楽をバックに、1人ずつスポットライトを浴びるメンバーがソロダンスを披露。流れるように「ポップミュージック」へと続き、メドレーでは稲場を中心に、代わる代わるの組み合わせで「初めてを経験中」「好きって言ってよ」「微炭酸」を歌い上げ、メドレーの最後となった未来への思いを巡らせる楽曲「続いていくSTORY」の終盤では、メンバー全員がステージへ集結した。

 公演は後半戦を迎え、工藤由愛、松永里愛、有澤、入江里咲、江端妃咲による「雨の中の口笛」、植村、稲場、段原、井上による「Mon Amour」で場内は落ち着いた雰囲気に包まれる。続く情熱的な楽曲「Fiesta! Fiesta!」で空気は一変。メンバー個々の持ち味をフィーチャーした楽曲「GIRLS BE AMBITIOUS! 2022」や、「私が言う前に抱きしめなきゃね」「Goal〜明日はあっちだよ〜」を次々と歌い、「Magic of Love(J=J 2015Ver.)」の曲中では、段原が稲場を見つめながら「大好きです!」と満面の笑みで伝えた。

 本編の最後を飾ったのは、客席をあおぎ見ながらしっとりと歌い上げた「Familia」。メンバーがステージをあとにした会場には、アンコールを待つ観客からの拍手が響き渡り、客席は全面が“ホットピンク”色に染まった。

 観客からの拍手を受けて、自身のメンバーカラー色のドレスに身を包んだ稲場が再び登場。歴代のハロー!プロジェクト楽曲であるモベキマスの「もしも…」をソロで披露し、ステージで合流した他のメンバーと共に「シンクロ。」を歌い上げた。

 MCで、メンバーを背に卒業の手紙を読みはじめた稲場は涙をこらえながら、これまでの活動を振り返った。

 カントリーガールズ時代には「メンバーやみなさんから『あざとい』という、とても特徴的な代名詞を付けていただいて。新たなキャラクターができたことで、アイドルとしての自分の役割を見つけることができた気がします」と回想。当時は「かけがえのない思い出で、愛おしい日々だったなと感じています。今でもカントリーのメンバーみんなには本当に感謝しています」と思いの丈を伝えた。

 Juice=Juiceへの加入については「他のグループを卒業してからの加入という、新しい形で加入した私を温かく受け入れてくださったこと、本当に感謝しています」と述べ、加入当時は「毎日が必死で記憶が曖昧なところもあります」と振り返りながら、「どんなときでもどんな私でも、応援してくれるみなさんがいたから乗り越えることができたし、笑顔でいることができました」と語った。

 メンバー1人1人についても、それぞれと顔を見つめあわせながら思いを吐露。井上に対して「共感してもらえて、心のよりどころでした。どれだけ救われたかわかりません。ありがとう」と感謝を述べ、共にサブリーダーを務めた段原には「これからも力になれたらうれしいなと思っています。“まなるる”永遠! 大好き!」と、精一杯の愛を伝えた。

 リーダーの植村には「私が名付けた『自由な女神』。それがぴったりな、こんなに魅力的な方はなかなかいないと思います」と話し、「リーダー、お世話になりましてありがととうございました。これからも目の保養と癒やしを、よろしくお願いします!」と笑顔で訴えかけた。

 グループに対しては「いつの時代のJuice=Juiceも最高って言ってもらえるようなグループに」とエールを送り、「これからの私も、ひとりの人間としてもっと自分を磨き、もっともっと強く成長していきたいと思っています」「約9年間、本当に本当にありがとうございました!」と会場全体への感謝を伝えた。

 メンバーも稲場への思いを述べ、言葉を詰まらせた井上は「本番前にずっと我慢していて。抱きつきに行こうと思ったんですけど、絶対泣くと思って。全然話もできなくて」と裏話を明かし、段原は「いつも隣にいるのが当たり前だった存在なので、これから上手く想像できないけど、でも、愛香ちゃんがたくさんの愛で包んでくれて、本当にそれが、安心感もあった」とやさしく微笑みながら伝えた。

 植村が卒業を「お誕生日」と言い間違えると、笑いが起きる中で稲場が「植村さんだなぁ…」と笑顔でポツリ。「愛香がJuice=Juiceにくれたものって偉大だなと思っていて、すごく大きい」と述べ、「私もこの先、愛香が『明日からも絶対大丈夫だと確信しています』と言ってくれたので、自信を持って、私たちも歩んでいこうと思います」と未来への思いを語った。

 公演の最後を締めくくったのは、稲場本人が選曲したという「如雨露」。グループがステージから降りたあと、観客からの盛大な拍手を受けて登場した稲場は、1人で客席をあおぎ見ながら感謝を伝えた。

 Juice=Juice「Juice=Juice CONCERT TOUR 〜terzo〜 FINAL 稲場愛香卒業スペシャル」のセットリストは、以下の通り。

M1:Va-Va-Voom
M2:プラトニック・プラネット
M3:POPPIN’ LOVE
M4:「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
M5:STAGE〜アガッてみな〜
M6:ノクチルカ
M7:Future Smile
M8:G.O.A.T」
M9:禁断少女
M10:ロマンスの途中

メドレー
M11:ポップミュージック
M12:初めてを経験中
M13:好きって言ってよ
M14:微炭酸
M15:続いていくSTORY

M16:雨の中の口笛
M17:Mon Amour
M18:Fiesta! Fiesta!
M19:GIRLS BE AMBITIOUS! 2022
M20:私が言う前に抱きしめなきゃね
M21:Goal〜明日はあっちだよ〜
M22:Magic of Love(J=J 2015Ver.)
M23:Familia

EN1:もしも…
EN2:シンクロ。
EN2:如雨露

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?