『エリザベス 女王陛下の微笑み』冒頭映像&祝福の声が到着 女王陛下へメッセージを贈るキャンペーンも

『エリザベス 女王陛下の微笑み』冒頭映像&祝福の声が到着 女王陛下へメッセージを贈るキャンペーンも

映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』“祝プラチナジュビリー!”ビジュアル(C)Elizabeth Productions Limited 2021

英女王エリザベス2世初の長編ドキュメンタリー映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』より、華やかな冒頭映像が解禁。併せて、本作を鑑賞した大地真央、デーブ・スペクター、辛酸なめ子ら総勢15名の著名人から祝福の声が到着したほか、女王へ直接メッセージを届ける特別キャンペーンが実施されることも決定した。

 1952年、映画『英国王のスピーチ』で知られる父ジョージ6世の崩御を受け25歳の若さで即位、今年在位70周年を迎えたエリザベス女王。英王室史上最長の在位期間を誇り、さらに世界の王室の中で最高齢96歳の現役国家元首という驚くべき記録を打ち立てた女王が、いよいよ英国君主として史上初めて“プラチナ・ジュビリー”(※在位期間の節目を祝うもの。女王はこれまでに、即位25周年となる1977年の“シルバー・ジュビリー”、即位50周年となる2002年の“ゴールデン・ジュビリー”、即位60周年となる2012年の“ダイヤモンド・ジュビリー”を祝っている)を迎え、6月2日から4日間にわたりイギリス各地で盛大に行われる。

 いまから69年前、即位の翌年1953年6月2日に戴冠式を行ったエリザベス女王。今回、その記念すべき日とプラチナ・ジュビリーに合わせ、本作の冒頭映像が解禁。

 「『エリザベス』間もなく開幕です。第一幕の出演者は舞台へ」という言葉とともに、照明、音響、衣装、その他、開幕の準備が始まる。その様子とクロスするように、宮殿では豪華な椅子やテーブルを丁寧に動かし、晩餐会の準備をする場面へ。そんななかエリザベス女王が「暖炉に火も灯したわ。くつろげるように」と自ら気を配り、「準備は?」と周りに確認する意外な姿を見せる。

 そして多くの招待客が待ち受けるなか、扉が開き、エリザベス女王とフィリップ王配が登場。続いて、「あなたを楽しませたい」という歌詞が印象的なロビー・ウィリアムズの代表曲「Let Me Entertain You」に乗せて、ピンクやイエローなどさまざまなドレスに身を包み、笑顔で手を振るエリザベス女王の姿が映し出されていく。「90年以上にもおよぶアーカイブ映像を使って、タイムマシーンのように何十年もの歩みを行き来する」とロジャー・ミッシェル監督が語る、まさに“エリザベス劇場”の始まりを告げる華やかな冒頭映像となっている。

 また今回、本作を公開に先駆けて鑑賞した15名の著名人からのコメントも到着。女優の大地真央は「25歳で戴冠し、史上最長在位のエリザベス女王は、正に、神に選ばれし方。国民の母のようなあたたかいお人柄とチャーミングな一面が、エリザベス女王の本来の魅力として垣間見ることが出来る映画」と絶賛。放送プロデューサーのデーブ・スペクターは「何がすごいかと言うと、エリザベス女王の目線から初めて見る日常! エリザベス女王が女王だけに『上から目線』と思ったらこの映画では初めて女王目線になってる! 即位70周年のお祝いはまずこの作品から!」と熱く語る。

 さらに、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子は「エリザベス女王にまつわる陰謀論を信じてしまったことを謝罪したくなりました。女王陛下は人類史上最高にチャーミングな君主です!」というコメントとともに、“老後ライフのヒントにもなる映画です”などのメッセージ&劇中のエリザベス女王のさまざまな姿を描いたイラストを寄せている。

 なお本作は、公式ツィッターにて「祝・プラチナジュビリー!在位70周年を迎えたエリザベス女王にコメントを贈ろう」と題したキャンペーンを実施。寄せられた英語でのメッセージを、まとめて女王へ届ける(締め切りは6月10日)。参加者の中から抽選で5名に映画鑑賞券がプレゼントされる。詳細は公式Twitterまで。

 映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』は、6月17日より全国公開。

 コメント全文は以下の通り。

<著名人コメント全文>

■エリザベス・ハードキャッスル(フリーアナウンサー)

 イギリスそのものといっても過言ではない女王。彼女が題材となった作品を随所に散りばめながら、家族と過ごすときの表情や生身の言葉、王冠の重責と共に歩まれた70年を観ることができ、感動とときめきを感じました。

■Guy Perryman MBE(ラジオDJ・声優・イベントプロデューサー・ライター)

 エリザベス女王即位70周年おめでとうございます。彼女とともにこの時代を生きてこられたことを光栄に思います。この映画は彼女の素晴らしい人生を、記録映像と現代音楽とを融合させユニークに表現しています。

■北村道子(スタイリスト、衣裳デザイナー)

 エリザベス女王の笑顔とユーモアが、英国連邦をまとめ、引っ張ってきた。その超人的なパワーの秘密が、この映画で堪能できる。祝在位70周年!

■操上和美(写真家)

 クイーン・エリザベスが裸になった。深い愛とリスペクトに満ちた眼差しで紡いだ女王陛下のドキュメンタリー。人生にはこんなにも深い悲しみと喜びがある。

■栗原類(俳優・モデル)

 おそらく今世で僕らが生きている時代でここまで印象的な貴族は彼女以降現れないのではないとか思います。彼女が今まで生きて築き上げてきた功績を改めて再確認する良きタイミングかもしれません。

■近藤サト(フリーアナウンサー)

 なぜ女王に心惹かれるのかって? 王冠を捨てて恋に走った叔父、浮気夫に無節度な妹、子供達はボケナス、お騒がせセレブの孫。不運は続くよ どこまでもな人。「女は阿修羅だねえ」とは向田邦子。王冠なんて羨ましくもなんともない。「だから何だって言うんだ!」と言ったか言わないか。ひたすら修羅道を歩むその姿には憧れしかない。

■辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

 エリザベス女王にまつわる陰謀論を信じてしまったことを謝罪したくなりました。女王陛下は人類史上最高にチャーミングな君主です!

■大地真央(女優)

 25歳で戴冠し、史上最長在位のエリザベス女王は、正に、神に選ばれし方。国民の母のようなあたたかいお人柄とチャーミングな一面が、エリザベス女王の本来の魅力として垣間見ることが出来る映画。

■多賀幹子(英国王室ジャーナリスト)

 エリザベス女王のドキュメンタリー映画ならば堅苦しい偉人伝と思い込んでいたが、とんでもない。女王が、こんなにチャーミングで人間味あふれる人物だったとは。今まで見たこともない女王に会えて、最高に楽しかった。

■竹内由恵(タレント)

 いたずらっ子のように輝く瞳のチャーミングなこと。イギリス国民ではないけれど、好きになってしまう。中でも私は、彼女が時折見せる不安気な表情が好きです。そこに人知れず闘う一人の女性が見える気がするから。

■デーブ・スペクター(放送プロデューサー)

 何がすごいかと言うと、エリザベス女王の目線から初めて見る日常! エリザベス女王が女王だけに「上から目線」と思ったらこの映画では初めて女王目線になってる! 即位70周年のお祝いはまずこの作品から!

■中野香織(作家/服飾史家)

 不動の英国アイコン、あのエリザベス女王が走る、はしゃぐ、ジョークを言う。初めて目にする女王の私的な姿を、ポップな音楽が引き立てる。70年にわたる世界の歴史とイギリス文化のエッセンスのなかに女王の多面的な魅力がちりばめられた万華鏡のような映画です。

■ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

 激動の70年の間、不動のイメージを維持してきたエリザベス女王を少しだけ生意気に、でも愛情を込めて、想像を絶するほどの映像資料からコラージュしたさりげない労作です。

■柳澤秀夫(ジャーナリスト)

 実にチャーミングだ。一人の女性として、妻として、母として、そして一人の人間として。いつも笑みを絶やさず手を振る女王陛下。その表情にはそれぞれの時代の歴史が深く刻み込まれている。だからこそキラキラ輝く彼女の瞳は人々を虜にしてしまうのだろう。

■湯浅卓(国際弁護士)

 御在位70周年お祝い申し上げます。地球史の一部であり続けるパワー源がひたむきさである事に感動した。超最新映像センスの独創性の高さに涙した。『エリザベス 女王陛下の微笑み』を観た、は世界のキーワードだ。

関連記事(外部サイト)