『ザ・ファブル』平手友梨奈が迫真の演技 すさまじい眼力に「凄い気迫」「息止まる」

『ザ・ファブル』平手友梨奈が迫真の演技 すさまじい眼力に「凄い気迫」「息止まる」

平手友梨奈 クランクイン!

俳優の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年)が「金曜ロードショー」(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて地上波初放送。佐羽ヒナコを演じた平手友梨奈の迫真の演技にネット上では反響の声が上がった。

 本作は、どんな相手でも6秒で仕留める伝説の殺し屋“ファブル”を岡田が演じる、人気コミックの実写映画化第2弾。

 平手が演じたヒナコは4年前、ファブルが殺しを行なった現場に居合わせ、その際に負ったケガの影響で車椅子生活を送っている少女。ヒナコは両親を何者かに殺されており、親のいない彼女のためにNPO法人の代表・宇津帆(堤真一)が“保護者”を務めている。しかし宇津帆は、裏では殺し屋の鈴木(安藤政信)らと手を組み、金持ちの親に過保護に育てられた子どもを探り当て、金を脅し取っては“消す”という悪行を繰り返す犯罪者だった。

 クライマックスではヒナコの両親を殺したのは、実は宇津帆だったことが判明。ヒナコは宇津帆に拳銃を向け発砲するが、弾丸は当たらない。全く悪びれることもなく、ヒナコの両親を殺害したときのことを嬉々として話す宇津帆に、ヒナコは怒りと憎悪の表情を見せる。

 ヒナコは、こん身の力を込めて、ついに車椅子から立ち上がった。だがその瞬間に彼女は、ファブルを仕留めるために宇津帆が仕掛けていた地雷に足をかけてしまう。すんでのところで爆発はしなかったものの、自身の計画を崩されてしまった宇津帆は怒り心頭。「早く吹っ飛べよ!」とヒナコをののしる宇津帆。そんな宇津帆に憎しみと怒りが極限に達したヒナコは「お前なんか殺してやる!」「このゲス野郎ーーー!」と叫びながら宇津帆に向けて引き金を引くのだった。

 この一連のシーンでヒナコを演じた平手は、まさに“憑依”したかのような圧巻の演技を見せ、その眼力はすさまじかった。ネット上でも「平手友梨奈の演技マジですごい。鬼気迫る演技」「凄い気迫」「息止まるかと思った」「見入ってしまった」といった声が上がった。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?