Netflix実写『ONE PIECE』、壮大な世界の一端が明らかに!セット動画公開 モーガン、カヤら新キャストも発表

Netflix実写『ONE PIECE』、壮大な世界の一端が明らかに!セット動画公開 モーガン、カヤら新キャストも発表

Netflixオリジナル実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』より、ゴーイングメリー号コンセプトアート(C)尾田栄一郎/集英社

Netflixオリジナル実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』より、壮大すぎる世界の誕生を感じずにはいられないゴーイングメリー号などのコンセプトアートと、撮影の現地から順調な“航海”を告げるかのように、広大なセットの一端を収めた、イニャキ&製作陣のコメント付き映像が解禁された。加えて、ドラマチックな物語を彩るうえで欠かせないキャラクターを演じる追加キャストも明らかになった。

 尾田栄一郎による日本を代表する人気漫画を実写化する本作は、伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残した【ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)】を巡り、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す壮大な物語。

 これまでに、モンキー・D・ルフィをイニャキ・ゴドイ、ロロノア・ゾロを新田真剣佑、ナミをエミリー・ラッド、ウソップをジェイコブ・ロメロ・ギブソン、サンジをタズ・スカイラーが演じるほか、コビーをモーガン・デイヴィス、アルビダをイリア・イソレリス・パウリーノ、ヘルメッポをエイダン・スコット、バギーをジェフ・ワード、アーロンをマッキンリー・ベルチャー、ガープをヴィンセント・リーガン、赤髪のシャンクス役をピーター・ガディオットが演じることが発表されていた。

 先日、“麦わらの一味”を演じるキャスト陣のSNSを通じて撮影開始が告げられ、プロジェクトが本格始動。今回解禁された映像では、イニャキが「南アフリカで撮影中の『ONE PIECE』!早速スタート!早く!」と、ルフィのような快活さで〈出航〉を宣言。続いて、“麦わらの一味”の最初の船であり大切な仲間“ゴーイングメリー号”や、海上レストラン“バラティエ”、物語の始まりの舞台“フーシャ村”など、おなじみの世界が生み出される様子が映し出される。さらに、ショーランナーのマット・オーウェンズが「原作の世界が再現されていく様子は見ていて感動的でした。細部までこだわって作り上げるため多大な時間を費やしています」と作品への愛とこだわりを熱弁。ワクワクと興奮の海洋冒険ロマンの幕開けを存分に感じさせる内容となっている。

 また、『ONE PIECE』の物語をさらにドラマチックに彩る新進気鋭のキャスト陣も発表に。逆らう者は味方だろうと容赦なく処刑し、シェルズタウンを恐怖支配していた“斧手のモーガン”を演じるのは、多くのドラマ・映画で活躍するラングレー・カークウッド。シロップ村の大富豪の病気がちなお嬢様で、ウソップにウソの冒険話をしてもらい元気付けられていた少女カヤには、透明感あふれるセレスト・ルーツが扮する。カヤの家の執事を務めるクラハドールを演じるのは、ドラマ『ウォリアー』等のアレクサンダー・マニアティス。
 
 さらに、海上レストラン“バラティエ”のオーナーであり、かつては“赫足”と恐れられるほどの海賊で、コックに転職した男ゼフには、渋さ満点の俳優クレイグ・フェアブラス。そして原作でも未だ謎に包まれた存在であり、“王下七武海”の一人で“鷹の目”の異名を持つ世界最強の剣士ミホークには、鋭い眼光を覗かせるスティーヴン・ウォード。ナミの義理の姉ノジコを若き新星チオマ・ウメアラがそれぞれ演じる。
 
 Netflix オリジナル実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』は、Netflixにて全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)