元宝塚・愛月ひかる、退団後初ミュージカル 岡宮来夢主演『The Fantasticks』オールキャスト発表

元宝塚・愛月ひかる、退団後初ミュージカル 岡宮来夢主演『The Fantasticks』オールキャスト発表

ミュージカル『The Fantasticks』に出演する(上段左から)今拓哉、斎藤司(トレンディエンジェル)、(中段左から)豊原江理佳、岡宮来夢、愛月ひかる、(下段左から)植田崇幸、青山達三、山根良顕(アンガールズ)

俳優の岡宮来夢が主演を務め、10月より上演されるミュージカル『The Fantasticks』のオールキャストが解禁。トレンディエンジェル・斎藤司、アンガールズ・山根良顕、豊原江理佳、愛月ひかるらの出演が発表された。山根はミュージカル初挑戦。愛月は昨年に宝塚歌劇団を退団後初のミュージカルとなる。

 本作は、『シラノ・ド・ベルジュラック』などで知られる仏劇作家エドモン・ロスタンの韻文劇『レ・ロマネスク』をもとに、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』のエッセンスを織り交ぜた、ロマンティックかつ普遍的で、誰もが経験する恋と人生の物語。

 1960年オフブロードウェイで初演、2002年まで42年間上演を続け、公演回数は1万7162回に及び、米国におけるミュージカル最長連続上演を記録。1992年には長年の上演に対しトニー名誉表彰を受けた。

 日本では1967年、東宝創立35周年記念東宝ミュージカル特別公演として菊田一夫が製作を手掛け、芸術座で初演。それから55年の時を経て、上田一豪の新演出により、芸術座のDNAを受け継ぐシアタークリエにて装いを新たに上演される。主人公マット役を岡宮が務める。

 岡宮演じる若者マットと隣人で恋仲にあるルイーザ役には、ミュージカル『アニー』主演のアニー役でデビューし、その後数々のミュージカルでヒロインを務め、この夏話題の舞台『呪術廻戦』への出演も控える豊原江理佳。

 ルイーザの父親ベロミー役に、劇団四季出身で、『レ・ミゼラブル』での硬派な役から『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』での三枚目役まで演じ分け、ミュージカル界に欠かせない実力派、今拓哉。

 マットの父親ハックルビー役に、お笑い芸人でありながら、『レ・ミゼラブル』テナルディエ役で本格ミュージカル俳優としても活躍するトレンディエンジェル・斎藤司。

 父親たちの計画により雇われる老俳優ヘンリーを、蜷川幸雄やジョン・ケアードら巨匠からその演技力を高く評価され、舞台・ドラマ・映画で幅広く活躍する青山達三。

 旅芸人モーティマー役を、本作がミュージカル初出演となるアンガールズの山根良顕が演じる。

 物語を見守るミュート(黙者)を務めるのは俳優でダンサーの植田崇幸。

 そして登場人物たちを時にほんろうし、導く流れ者エル・ガヨ役は元宝塚歌劇団星組男役スターで退団後本作が初ミュージカル出演となる愛月ひかるが演じ、新しい『The Fantasticks』の世界をつくりあげる。

 アンガールズ・山根は「本格的なミュージカルへの出演は初めてで、出演が決まってからも色々な舞台を見に行っているのですが、見れば見るほど皆さんの演技・歌・ダンスが凄すぎて改めてビビってきています。しかしせっかく自分をキャスティングしていただいた事を意気に感じ、作品を盛り上げていければと思います。『や〜ま〜ね〜』と突っ込まれないように頑張ります!」とコメント。

 愛月は「昨年に宝塚を退団してから舞台には立たせていただいておりましたが、ミュージカルというものは初挑戦となります。今はワクワクよりも緊張の方が優っておりますが、宝塚で学んできた事を生かしつつ、新しい自分を見ていただけるようにお稽古に励みたいと思います」としている。

 ミュージカル『The Fantasticks』は、日比谷シアタークリエにて10月23日〜11月14日上演。

※キャストコメント全文は以下の通り

◆岡宮来夢

ミュージカル『The Fantasticks』にて主演を務めさせていただきます!岡宮来夢です!今まで数多く演じられてきた歴史ある作品に携わり、背負わせていただけることに感謝して真摯に向き合っていきます! 恋と人生の物語ということで、出演者の皆様と、演出の上田さんとどんなステージを作り上げられるのか、今からワクワクドキドキが止まりません!2022年秋、シアタークリエにてお待ちしています!応援よろしくお願いします!

◆豊原江理佳

この度、ミュージカル『The Fantasticks』にルイーザとして携わることができ、とても嬉しいです!
様々な想いを胸に劇場に足を運んでくださるお客様に、この作品を通して何を届けることができるのか、日々向き合いながら発見出来ればと思います。
そして劇場から宝ものを持って帰っていただければと、願いを込めて。
ミュージカル『The Fantasticks』を、よろしくお願いします!

◆今拓哉

言わずと知れた伝説の名作ミュージカル。
僕もNYそして日本で何度も観ている大好きな作品です。
初めてご一緒する方々ばかりの魅力的なキャストと一豪さんの演出。
もう全てが”ファンタスティックス”!
娘ルイーザの幸せを願いつつ、斎藤さんのハックルビーとの掛け合いを楽しみつつ、ベロミーに臨みたいと思います。
極上の作品を劇場で味わう特別なひとときを、どうぞお楽しみに!!
あ〜、僕も楽しみです!!!

◆斎藤司(トレンディエンジェル)

ミュージカル『The Fantasticks』にマットの父として出演させていただきます。副業で芸人をやらせていただいております、斎藤司です。
ミュージカルに今年も出させていただき、紐を締め直しております。
共演者のみなさまとまた素敵な作品をお届けできるように、一丸となって頑張って参ります。
2022年秋、みなさんは奇跡を目にするでしょう!舞台でお会いしましょう!

◆植田崇幸

ミュージカル『The The Fantasticks』に出演致します植田崇幸です。
ミュージカル史に燦然と輝くこの不朽の名作を、素晴らしいキャスト、スタッフの皆様と共につくることができる喜びを、日々ひしひしと感じております。
初日の幕が上がり、千穐楽の幕が降りるまでに、一体どんな『The Fantasticks』が舞台上で繰り広げられるのか、今から楽しみでなりません。
是非劇場まで足をお運び頂き、生の舞台を体感して頂きたいです!

◆青山達三

今回の私の役、老俳優ヘンリーは、以前、天本英世さんが演じられたことがある役です。天本さんは、私が三十歳で初めて東宝の舞台に立った、蜷川幸雄演出『オイディプス王』にご出演なさってました。細身で背が高く、右手を高く上げて力強く叫んでらしたお姿が今も目の奥に焼き付いてます。その天本さんが演じられたことがある役を私が演じると思うと身が縮む思いがします。ですが、これもなにかのご縁と信じて頑張りたいと思います。

◆山根良顕(アンガールズ)

『The Fantasticks』に出させてもらえることになりましたアンガールズの山根です。
本格的なミュージカルへの出演は初めてで、出演が決まってからも色々な舞台を見に行っているのですが、見れば見るほど皆さんの演技・歌・ダンスが凄すぎて改めてビビってきています。
しかしせっかく自分をキャスティングしていただいた事を意気に感じ、作品を盛り上げていければと思います。
「や〜ま〜ね〜」と突っ込まれないように頑張ります!

◆愛月ひかる

この度『The Fantasticks』という歴史ある素晴らしいミュージカルに参加させていただけますこと大変嬉しく思っております。昨年に宝塚を退団してから舞台には立たせていただいておりましたが、ミュージカルというものは初挑戦となります。今はワクワクよりも緊張の方が優っておりますが、宝塚で学んできた事を生かしつつ、新しい自分を見ていただけるようにお稽古に励みたいと思います。皆さま、是非劇場に観にいらして下さいね!

関連記事(外部サイト)