松岡広大&中尾暢樹W主演 『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』連続ドラマ化

松岡広大&中尾暢樹W主演 『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』連続ドラマ化

ドラマ『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』に出演する松岡広大ミナモトカズキ・徳間書店/2022「壁こじ」製作委員会

ミナモトカズキによるBL漫画『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』(「COMIC リュウ WEB」連載中)が、俳優の松岡広大と中尾暢樹のダブル主演で実写ドラマ化され、ABCテレビにて10月より毎週月曜深夜に放送されることが決まった。松岡と中尾は初共演。

 表舞台じゃなくても“自分が一番輝ける場所” で上を目指す、同人作家の猫屋敷守。“自分の強みを最大限に生かせる場所”でトップを目指す、アイドルの風間一星。本作は、幼なじみだけど境遇が違いすぎるこの2人の、夢に向かってまっすぐ生きる姿と、友情以上恋未満(?)を描くさわやかで鮮やかな青春ボーイズラブ・ストーリー。

 地上波連続ドラマ初主演の松岡が演じるのは、漫画を専攻する学生で、周囲には秘密にしながら“骨肉”(ほねにく)というペンネームでオリジナルBL漫画の同人漫画作家として活動している猫屋敷守。漫画で認められたいという承認欲求が強すぎて、いろいろとこじらせ中。アイドルとして人気上昇中の幼なじみ・風間一星とのまさかの再会で、嫉妬心をこじらせてしまう…。

 中尾が演じるのは 、アイドルグループ「SHINY SMILE」のメンバーISSAY(イッセイ)として活動している風間一星。いつも笑顔で天真らんまん、周囲をすべて肯定する超ポジティブな性格で、幼なじみ・猫屋敷のことを慕い続けており、久々の再会に屈託のない笑顔で本心から喜ぶ。しかし、その笑顔には秘められた理由があって…。

 松岡は「原作を拝見し、表現を生業にする人々の苦悩が詰まった作品だと思いました。どの形で社会と繋がるのかを描き、複雑な心境も存分に発露していて歯切れが良くとても気持ちいい。自分の価値を見出したい猫屋敷守に敬意を持って臨みたいと思います」とコメント。

 中尾は「太陽のように明るい存在の一星を演じます。原作を読み進めていくと、その明るさの裏にはつらい過去もあって。そんな優しくて、強い意志をもつ一星をうまく演じられたらと思います」と話す。

 原作者のミナモトは「漫画家になって、ずっと憧れていた夢のひとつが…自分の漫画がメディア化される事でした。あまりにも憧れていてあまりにも遠いものだと思っていたので口にする事すら躊躇してしまうくらい大きな夢でしたが…壁こじがこの度、実写ドラマ化される事になりました。夢に向かってがむしゃらに頑張るこの作品で夢が叶えられたこと…ただただ幸せです」としている。

 ドラマ『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』は、ABCテレビにて10月より毎週月曜深夜放送予定。

※コメント全文は以下の通り

◆松岡広大
猫屋敷守を務めさせて頂きます、松岡広大です。
原作を拝見し、表現を生業にする人々の苦悩が詰まった作品だと思いました。
どの形で社会と繋がるのかを描き、複雑な心境も存分に発露していて歯切れが良くとても気持ちいい。
自分の価値を見出したい猫屋敷守に敬意を持って臨みたいと思います。
中尾暢樹さんとの共演も楽しみです。

◆中尾暢樹
太陽のように明るい存在の一星を演じます。
原作を読み進めていくと、その明るさの裏にはつらい過去もあって。
そんな優しくて、強い意志をもつ一星をうまく演じられたらと思います。
漫画家の話とアイドルの話が入り混じったストーリーとなっている本作で、
お互いの関係性にも注目してみてくださったら嬉しいです。
アイドルのシーンもあるのかなと楽しみです笑

◆原作・ミナモトカズキ
漫画家になって、ずっと憧れていた夢のひとつが…
自分の漫画がメディア化される事でした。
あまりにも憧れていて
あまりにも遠いものだと思っていたので
口にする事すら躊躇してしまうくらい大きな夢でしたが…
壁こじがこの度、実写ドラマ化される事になりました。
夢に向かってがむしゃらに頑張るこの作品で
夢が叶えられたこと…ただただ幸せです。
企画の段階から、プロデューサーさんをはじめ制作側の方々がとにかく愛情をいっぱい持って作って下さっているので自分も一視聴者としてドラマを観られる日が楽しみで仕方ありません。
この実写ドラマ化によって、今までお世話になってきた読者さんや編集さんやアシスタントさん
演じてくださる俳優さんやそのファンの方々そしてドラマに携わって下さるすべての方々が幸せな気持ちになってくれたら嬉しいなと願っています。
くさいこと沢山言ってしまいましたがそれくらい興奮しちゃってます…失礼しました。

◆稲熊洋介プロデューサー
初めて原作を読んだ時、「自分の“好きなこと”や“夢”を諦めずに追いかけていいんだ」と、そんな気持ちになりました。
時には「へー、そういうの好きなんだ?」とか「夢見すぎじゃない?」と第三者から冷たい視線が送られることもありますが、勉強や仕事でも、趣味でも、推し活でも、自分が“好き”なもののために一生懸命になることや、夢を見て追いかけることは、とても素敵なことなのだと、このドラマを通じて視聴者の皆様にも感じていただけたら嬉しいです。
加えて、原作のミナモトカズキ先生が描かれたクセがありながらも魅力的なキャラクター・猫屋敷くんと一星くんのピュアッピュアな関係を、フレッシュさと実力を兼ね揃えた松岡広大さん・中尾暢樹さんのお二人に演じていただけるということで、今からワクワクが止まりません!皆様にも是非楽しんでいただければと思います!

関連記事(外部サイト)