綾瀬はるか、次の“月9主人公”杏とばったり 偶然のバトンタッチ2ショットに反響

綾瀬はるか、次の“月9主人公”杏とばったり 偶然のバトンタッチ2ショットに反響

月9主演女優2人による2ショット(左から)杏、綾瀬はるか ※「ドラマ『元彼の遺言状』」インスタグラム

ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式インスタグラムが13日に更新。主演の綾瀬はるかと、7月11日からスタートする新ドラマ『競争の番人』(同系/毎週月曜21時)で主演を務める杏の貴重な2ショットを公開した。

 綾瀬は現在、数々の不可解な殺人事件を追っていくリーガルミステリードラマ『元彼の遺言状』に出演しており、奇妙な遺言状に導かれた敏腕弁護士・剣持麗子を演じている。
 
 投稿された写真には、綾瀬と杏がカメラ目線でお互いを指さす姿が。「次の月9ドラマ競争の番人主演の杏さん」「元彼の遺言状の麗子さんこと綾瀬はるかさんと撮影中に偶然遭遇しました」とコメントし、今期月9と次期月9の主演女優2人による、奇跡のコラボレーションを報告。
 
 ファンからは、「推し×推しは天才すぎる」「2人とは大好き」「バトンタッチですね」など、反響の声が寄せられている。
 
 なお、『競争の番人』は、杏と俳優の坂口健太郎がダブル主演を務めるドラマで、『元彼の遺言状』の原作者でもある作家・新川帆立の同名最新作を実写化したエンタメ・ミステリーとなっている。
 
 公正取引委員会・第六審査(通称“ダイロク”)が物語の舞台となり、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。

引用:「元彼の遺言状」インスタグラム(@motokare_cx_)

関連記事(外部サイト)