嘘みたいな実話に基づく強運物語! 仲野太賀×草なぎ剛×伊藤沙莉『拾われた男』予告編解禁

嘘みたいな実話に基づく強運物語! 仲野太賀×草なぎ剛×伊藤沙莉『拾われた男』予告編解禁

『拾われた男』キービジュアル(C)2022 Disney & NHK Enterprises, Inc.

6月26日配信開始となる仲野太賀主演のドラマ『拾われた男』(ディズニープラス)より、予告編とキービジュアルが解禁された。

 俳優・松尾諭の同名著書を映像化する本作は、特別な才能はないものの強運と縁に恵まれた俳優志望の男が、他人に“拾われ”続けることで夢も恋もつかんでいく、本当にあった波乱万丈なサクセスストーリー。ウォルト・ディズニー・ジャパンとNHKエンタープライズが共同制作し、ディズニープラス向けのコンテンツとして日本国内の制作会社との初の共同制作作品となる。

 持ち前の人を引きつける魅力と強運で、他人に“拾われる”ことで人生を切り開く主人公・松戸諭を仲野が演じるほか、その兄・武志役に草なぎ剛、諭の運命の女性である比嘉結に伊藤沙莉。監督は、連続ドラマ小説『あまちゃん』、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の井上剛が務め、脚本は足立紳。全10話で、6月26日から毎週1話ずつ配信される。

 予告編は、偶然、目の前にある自販機の下で航空券を拾う松戸諭(仲野)の姿から始まる。

 航空券の持ち主で芸能事務所の社長・山村(薬師丸ひろ子)との出会いから、ひょんなことで”癒し系女優”井川遥の運転手になり、俳優を目指して奮闘しながら、運命の女性・比嘉結(伊藤)とも結ばれていく。

 「運」と「縁」に導かれ、誰かに拾われては救われていく中、運命を変える1本の電話が。それは、米国に渡ったきり音信不通だった兄・武志(草なぎ)のことだった。米国に旅立つことになった諭。果たして、松戸兄弟に待ち受けている運命とは?

 キービジュアルでは、航空券を手に取っている松戸諭、そんな彼をほほ笑ましくそばで見守る比嘉結、諭と少し距離を取って見つめている諭の兄・武志と、物語の軸になるメインキャラクター3人が登場し、それぞれの関係性が読み取れる。イラストの手が作品のタイトルロゴを“拾い”少し傾いていることは、人間ドラマでありながらもクスッと笑える本作の遊び心を表現しており、今後の展開が気になるデザインとなっている。

 ドラマ『拾われた男』は、ディズニープラス「スター」にて6月26日より見放題独占配信。

関連記事(外部サイト)