生見愛瑠、Snow Man・岩本照の身体能力を絶賛「本当に消防士でした」

生見愛瑠、Snow Man・岩本照の身体能力を絶賛「本当に消防士でした」

映画『モエカレはオレンジ色』完成披露イベントに出席した岩本 照(Snow Man) クランクイン!

Snow Manの岩本照とモデル・女優の生見愛瑠が14日、都内で開催された『モエカレはオレンジ色』完成披露イベントに登壇。生見らキャスト陣が消防士を演じた岩本の身体能力を絶賛する一幕があった。

 玉島ノンの同名漫画を映画化した本作は、超シャイな消防士×ぼっちのJK(女子高生)という不器用な2人の恋を描いたピュアなラブストーリー。イベントには、鈴木仁、上杉柊平、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、古川雄大、藤原大祐、永瀬莉子、村上正典監督も出席した。

 映画単独初主演となる岩本は、「(Snow Man)メンバーはわちゃわちゃしゃべるタイプが多いので、いつもと違って新鮮」と口にし、今作が映画初出演となるヒロインの生見は、「こういうの(舞台)が初めてで緊張しています」と照れ笑い。

 岩本のジャニーズ事務所の後輩となる浮所は岩本について「優しさ、温かいオーラが出ていて、お芝居がしやすかったですし、現場はすごく楽しかったです。青春みたいでした」と満面の笑みで語り、「連絡を細目にくれて、“ひーくん”と呼ばせていただくほどに距離が近づきました。『芝居に悩んだら連絡をくれ。何かできることアドバイスするから』と言ってくれて、すごく心強かったです」と先輩の気遣いに感謝。古川も「ひーくんが頼もしくて。こんなにかっこよくてクールなのに、お茶目な部分もあったりして。そのギャップが面白く、現場は常に笑いに包まれていて、ステキな座長だったと思います」と賛辞の言葉を贈った。

 そんな岩本は座長について「プレッシャーは全く感じなくて。キャストとスタッフの方がいて成り立つものなので、自分が座長だと思ってないくらいでした」と心境を語った。

 劇中では、消防士役の岩本がその身体能力から本物の消防士さながらの訓練や業務姿を披露しているが、生見は「本当に消防士さんでした」と言い、「リアルに消防の方がやられる訓練をされていて、本当にすごいかった」と尊敬のまなざし。監督は、訓練のシーンで岩本の動きが計算外の早さでカメラが追いつけなかったという話を披露し、浮所も「ロープ登攀(とうはん)で、ひーくんは5、6mの壁をスイスイ登っていて。筋肉がさすがだなと思って」と打ち明けると、岩本は「楽しめました」「筋肉痛がこなくて残念でした」と明かしていた。

 終盤には、“守ってくれる人を、好きになりました。”という本作のコピーにかけて、最近好きになったことを告白する一幕も。岩本は「消防士」と答え、「いつどこで何が起こるかわからないところに自分の命をかけるのを身近で見させてもらって、かっこいいなと思いました」と理由を述べた。

 一方の生見は「干し芋」と答え、「撮影期間中にハマって。小腹が空くのが(食べたら)止まっていました」と照れ笑いしながら打ち明けていた。

 映画『モエカレはオレンジ色』は、7月8日より全国公開。

関連記事(外部サイト)