『バズ・ライトイヤー』“アンディの目線”になれる特別映像公開 2週間限定IMAX上映決定

『バズ・ライトイヤー』“アンディの目線”になれる特別映像公開 2週間限定IMAX上映決定

映画『バズ・ライトイヤー』場面写真(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

おもちゃたちの大冒険を描いた『トイ・ストーリー』シリーズに登場するバズ・ライトイヤーの原点を描くディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』(7月1日公開)。このたび、おもちゃの所有者であるアンディ少年が、テレビでバズ・ライトイヤーの物語を夢中になって観ている様子などを収めた特別映像が解禁。併せて本作が、2週間限定でIMAX上映されることも決定した。

 「トイ・ストーリー」シリーズでアンディ少年のお気に入りの“おもちゃ”バズ・ライトイヤーは、実は、彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公だ。本作はその<映画>の物語。

 今回解禁されたのは、「バズは、アンディの大好きな映画の主人公だった」編と題した特別映像。冒頭ではアンディが“おもちゃ”バズと遊んでいる姿、そしておもちゃたちと一緒に“スペース・レンジャー”バズの物語をテレビの前で夢中になって観ている様子が映し出されている。続いてバズが、宿敵ザーグへと立ち向かう姿や、豪快なアクションを繰り広げる様が迫力の映像で展開していく。

 監督を務めたアンガス・マクレーンは、本作が生まれたきっかけについて「アンディにバズ・ライトイヤーのおもちゃが欲しいと思わせた、クールな映画を作るのはどうかと思ったんだ」と明かしている。

 また本作は、2週間限定でIMAX上映されることが決定。IMAXシアターでのみ約40分間、通常のスクリーンより最大26%拡がる映像で作品を楽しむことができる。IMAXでの上映について、マクレーン監督は「この映画は、大勢の人たちと一緒にビッグスクリーンで見るために作られた映画なんだ。僕はそれをすごく楽しみにしている。IMAXは最高の映像体験を与えてくれる。僕が大好きな映画を初めて見たのは映画館だったから、その経験を僕は次の世代にも引き継ぎたいんだ」と熱い想いをコメント。

 なお本作はさらに、4DX、MX4Dシアターでの上映も決定。ぜひ劇場で、まるでアトラクションを体験しているかのような臨場感あふれる映像を堪能したい。

 アニメ映画『バズ・ライトイヤー』は、7月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)