『インビジブル』最終回 ラストで明かされた志村の“秘密”にネット興奮「シビれた」(ネタバレあり)

『インビジブル』最終回 ラストで明かされた志村の“秘密”にネット興奮「シビれた」(ネタバレあり)

ドラマ『インビジブル』最終回より(C)TBS

俳優の高橋一生が主演し、女優の柴咲コウと共演する金曜ドラマ『インビジブル』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が17日に放送され、ラストで志村のある“秘密”が明かされると、ネット上には「シビれた」「ズルい惚れる」といった声が相次いだ。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

 史上最悪のクリミナルズ「リーパー」の正体が明らかとなった。警視庁では仕掛けられていたEMP爆弾が作動し、拘置されていた凶悪犯たちが野に放たれてしまう。猿渡(桐谷健太)は、すべてを志村とキリコ(柴咲)の仕業だと捜査一課の面々に説明し、志村を逮捕するように指示。その一方で猿渡は、志村の身柄に懸賞金をかけてクリミナルズにも狙わせるのだった。

 窮地に追い込まれた志村は、猿渡を逮捕するべく捜査一課の磯ヶ谷(有岡大貴)や五十嵐(堀田茜)と接触。志村は猿渡こそが“内通者”であることを暴き、捜査一課の面々の協力を取り付けるのだった。

 そして迎えたクライマックス。志村に追い詰められた猿渡はキリコを人質にとる。猿渡は、ピストルを構える志村に対して「撃つんですか志村さん? 射撃、下手なんじゃないんですか?」と挑発。さらにナイフでキリコの首を刺そうとすると、志村は両手と脚に計3発の弾丸を見事に命中させてキリコを救い出すのだった。

 その後、志村は射撃が上手すぎることを危険視されたため銃を携帯させてもらえなかったことが明かされると、ネット上には「志村さんの射撃かっこよすぎた」「あのキャラで射撃上手いとかズルい惚れる」「射撃がうますぎる志村、本当に好き…」「射撃の腕前にシビれた」などのコメントが続出した。

 刑事と犯罪コーディネーターが異色のバディを組み凶悪犯に立ち向かう様をスリリングなストーリー展開で描いた本作。最終回放送後、ネット上には「一生さんとコウちゃんのバディ最高でした」「めっちゃ面白かった!!第2期希望」「続編が出ることを祈る」といった投稿も集まっていた。

関連記事(外部サイト)