『インビジブル』最終回 “猿渡”桐谷健太の怪演が話題に「サイコパスすぎる」「クレイジー」

『インビジブル』最終回 “猿渡”桐谷健太の怪演が話題に「サイコパスすぎる」「クレイジー」

ドラマ『インビジブル』最終回より(C)TBS

俳優の高橋一生が主演、女優の柴咲コウと共演する金曜ドラマ『インビジブル』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が17日放送。すべての黒幕だった猿渡紳一郎を演じた桐谷健太の“怪演”がネット上で話題となった(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

 クリミナルズ「リーパー」であり、キリヒト(永山絢斗)に捜査情報を漏らしていた内通者であった猿渡はキリヒトを射殺。すべての事件は志村(高橋)とキリコ(柴咲)の仕業だと捜査一課の面々に説明し、志村を捕獲するように指示を出す。

 そんな中で志村は猿渡の祖父の家を探りに行くが、猿渡に見つかってしまう(後に見つかったのは“わざと”だったことが明かされる)。そこで猿渡は自分が安野(平埜生成)を殺したことを告白。さらに「あのときついでにあなたを殺してもよかったんです。でも…安野さんを切りつけたときの、志村さんの顔が…なんていうか…愛おしくて…たまらなくなって…」と恍惚(こうこつ)の表情を浮かべながら語り掛け、「だから、殺さずに生かしておくことにしました。あの顔がもう一度見たいから…」と吐息混じりに語るのだった。

 桐谷演じる猿渡が見せた最も狂気なこのシーンには、視聴者からの反響の声が殺到。「クレイジーすぎる」「猿渡まじでキモ過ぎる」「猿渡サイコパスすぎる」「桐谷健太、くっそサイコパスな役めっちゃ良い」などさまざまな声が寄せられていた。

関連記事(外部サイト)