未曽有のスケールへと進化! ディーン・フジオカ主演Huluオリジナル『パンドラの果実』Season2、新ビジュアル解禁

未曽有のスケールへと進化! ディーン・フジオカ主演Huluオリジナル『パンドラの果実』Season2、新ビジュアル解禁

『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』Season2メインビジュアル(C)中村啓・光文社/HJホールディングス

ディーン・フジオカと岸井ゆきのが共演し、6月25日より配信スタ−トするHuluオリジナル『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』Season2より、“新たな最先端科学犯罪捜査”の柱となる5人が集結した新メインビジュアルが解禁された。

 本作は、科学を人類の光と信じ、希望を託し続ける警察官僚・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)×科学の闇に警鐘を鳴らす天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)の最高の異色バディが、法整備や警察機構の対応が追い付いていない“最先端科学にまつわる犯罪”を捜査する新時代のサイエンスミステリー。日本テレビ系で毎週土曜22時から放送中のSeason1に続き、6月25日の地上波放送終了後から動画配信サービス「Hulu」で独占配信がスタートする。

 Season2では、地上波をさらに上回る未曾有のスケールで“激震の第二章”を克明かつスリリングに描写。小比類巻&最上、ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)ら警察庁「科学犯罪対策室」のメンバーが、「ゲノム編集」「クローン」「不老不死の科学」「人体凍結保存」など、最先端科学が巻き起こす“まったく新しい事件”、さらにその裏で極秘裏に糸を引く多国籍テクノロジー企業「ライデングループ」×国家機密の極秘計画と、禁断の不老不死構想に敢然と立ち向かっていく。

 Season1では小比類巻&最上&長谷部の3人で構成されていた科学犯罪対策室だが、Season2からは吉本実憂演じる新人捜査官・奥田玲音も加わり、さらにパワーアップ。また、これまで小比類巻に貴重な極秘情報を多数提供してきた厚労省課長・三枝益生(佐藤隆太)も、国家レベルの腐敗に進退を懸けて本気で立ち上がる。

 メインビジュアルも前回の3人バージョンから進化し、新たな捜査の柱となる5人がズラリ。ディーン・フジオカ、岸井ゆきの、佐藤隆太、吉本実憂、ユースケ・サンタマリアと、豪華かつ頼もしい顔ぶれが一堂に会し、圧巻の存在感を放っている。

 さらに、Season1でもおなじみのキーアイテム=四角いリンゴと併せ、彼らの背後にはSeason2で扱う科学犯罪にまつわるキーワードも配置。それぞれ何かを見据えるキャスト陣の意味深な表情も相まって、“とんでもない事件”が起こるのでは…というゾワゾワした予感、そしてエンターテインメントの観点からも“とんでもない新章の誕生”を予期せずにはいられないメインビジュアルが完成した。

 Huluオリジナル『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』Season2は、6月25日、地上波最終話放送終了後からHuluにて独占配信。以降、毎週土曜1話ずつ更新(全6話)。

関連記事(外部サイト)