中島裕翔、吉川愛、高橋優斗らが“純ドロ”な関係性に『純愛ディソナンス』ポスター完成

中島裕翔、吉川愛、高橋優斗らが“純ドロ”な関係性に『純愛ディソナンス』ポスター完成

ドラマ『純愛ディソナンス』ポスタービジュアル(C)フジテレビ

Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演する7月14日スタートのドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/毎週木曜22時)より、本作の世界観を表現する純愛×ドロドロなポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川愛)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルスト−リー。常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

 前半は、とある高校が舞台。新任の音楽教師としてやってきた正樹だったが、校内は正樹の前任教師の失踪事件で大きく揺れていた。単なる教師と生徒という間柄で出会っただけの2人が、徐々に絆を深めていく…。正樹はいつしか自分の中で冴に対する特別な感情に気付き始める。決してそれを恋だと認めたくない正樹と、恋だと信じて疑わない冴。本心で向き合えないまま決別する2人だが、ひょんなことから5年後に再会。冴は成人を迎え、2人の間には障害は何もないはずだった。しかし、正樹には妻がいた―。

 5年後の舞台では“セカンドパートナー”という昨今話題となっている新しい概念も加わり、より複雑な関係性に。青春と恋とサスペンスを描く第1部。そして恋と仕事における女同士・男同士のバトル、さまざまな思いが交差する大人の人間模様を描く5年後の第2部。随所に事件性、エキセントリックな展開がちりばめられる。

 ポスタービジュアルには、物語の鍵を握るキャラクターたちが登場。主人公・正樹とヒロイン・冴のほか、正樹と同僚の碓井愛菜美(比嘉愛未)、冴と同級生の朝比慎太郎(高橋優斗/HiHi Jets)、そして第2部で冴のアルバイト先の上司となる路加雄介(佐藤隆太)の5人が、それぞれ純愛を紡ぐ者、その純愛を良く思わずかき乱す者を表現。正樹と冴は真っすぐ前を、その他の3人は意味ありげな表情で正樹と冴の関係を見つめている。

 また、作品のキャッチコピーは「愛は、純粋すぎると毒になる。」に決定。そのコピーを表すようにカラフルなインクがキャラクターたちを覆い、美しい中にもどこか毒が見え隠れするインクアートのようなデザインとなった。

 木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて7月14日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

関連記事(外部サイト)