アンミカ&ZAZY、ド派手衣装で映画『ザ・ロストシティ』の魅力を語る

アンミカ&ZAZY、ド派手衣装で映画『ザ・ロストシティ』の魅力を語る

映画『ザ・ロストシティ』公開直前「日本のサンドラ・ブロックを狙え!」イベントに出席した(左から)ZAZY、アンミカ クランクイン!

タレントのアンミカ、お笑い芸人のZAZYが22日、都内で開催された映画『ザ・ロストシティ』公開直前「日本のサンドラ・ブロックを狙え!」イベントに出席。パリコレ出演経験を持つアンミカは、全身にスパンコールが散りばめられたド派手なボディスーツを着て登場し「ものすごい楽しかった」と本作を絶賛した。

 本作は、主人公で人生に後ろ向きな恋愛小説家ロレッタ(サンドラ・ブロック)が、自身が書いたロマンティックな冒険モノ小説をきっかけに、伝説の古代都市・ロストシティをめぐるド派手で予測不能なノンストップ・アドベンチャーに巻き込まれる姿を描く。

 衣装についてアンミカは「サンドラ・ブロックの衣装を本国から取り寄せていただいて」と笑顔を見せ、「これが着れるようにむちゃむちゃダイエットしました」とも。また「サンドラは私より遥かにお姉さんで、これを本当にナチュラルに着こなしていらっしゃって。しかもジャングルでこれで立ち回るわけやん? すっごいよね。ほんで、むちゃかっこいいよね」と称賛した。

 一方のZAZYは「この映画を見て、サンドラになりたいなと思って、衣装を用意していただいたんですけど、流石にサイズが合わず(笑)。スリーサイズが違ったということで。ダイエット間に合わず(笑)」と悔しそうな表情を見せていた。

 映画の魅力を聞かれたアンミカは「ずっと映画界で見てきた俳優陣が、本気でふざけています! 本気でふざけてて、世界中の方共通の笑いがいっぱい散りばめられていて」と言い、「楽しめる冒険要素と、この時代の男女の価値観、そういう新しい価値観がナチュラルに散りばめられていて、ものすごい楽しかった」と絶賛。ZAZYは「コメディがあって、恋愛要素もあって、ハラハラドキドキもあって、本当にザ・映画というか。ハリウッドが全部入っているような」と話していた。

 その後は、劇中でロレッタがジャングルをハイヒールで探索することにちなみ、アンミカがジャングルをイメージしたランウェイでのウォーキングをZAZYに指導する一幕もあった。

 映画『ザ・ロストシティ』は6月24日公開。

関連記事(外部サイト)