『ストレンジャー・シングス 4』、最大の脅威襲来でイレブンらが絶望の淵に 一部ネタバレありの最終予告編解禁

『ストレンジャー・シングス 4』、最大の脅威襲来でイレブンらが絶望の淵に 一部ネタバレありの最終予告編解禁

『ストレンジャー・シングス4』キービジュアル

今年の5月と7月に2部作として配信されるNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン4。このたび、7月1日のVol.2の配信に先駆け、シリーズ最大の脅威“ヴェクナ”の進撃と、絶望の中で果敢に立ち向かおうとするイレブンらホーキンスの仲間たちの姿を収めた最終予告編が解禁された。(※本記事には一部ネタバレを含みます。ご了承のうえお読みください)

 本作は1980年代の小さな町ホーキンスを舞台に、少年ウィルの失踪事件と突如現れた謎の少女イレブンを巡り、想像を超える不可解な事件に巻き込まれながらも、マイクら少年たちが事件解決に立ち向かうミステリー・アドベンチャー。80年代の名作映画へのリスペクトが込められたドラマチックな展開と緊張感あふれる描写、そして子どもたちの友情と冒険が組み合わさったストーリーで世界中の視聴者を魅了し大ヒットを記録。社会現象とも言えるムーブメントを巻き起こしてきた。シーズン4はシリーズ初となる2部作で構成されており、5月27日にVol.1(第1〜7章)、7月1日にVol.2(第8〜9章)が配信される。

 シーズン1〜3では、人々が生きる世界とは異なる別次元の〈裏側の世界〉から脅威が幾度となく襲いかかるも、ホーキンスの住人たちが団結し立ち向かっていく姿が描かれた。シーズン4では、“シーズン3で起きた衝撃の出来事”をきっかけにみんなが離れ離れに暮らす中、最大の脅威となる“ヴェクナ”が襲来する。

 今回解禁された最終予告編は、彼らがそれぞれの場所でヴェクナとの決戦に備える姿が映し出され、本作での劇中使用によって異例のリバイバルヒットを記録しているケイト・ブッシュの80年代の名曲「Running Up That Hill(神秘の丘)」が随所で響き渡る。Vol.1でヴェクナからマックスを救い出す曲として印象的に登場したこの曲が、絶望の中で僅かに光る希望を感じさせる。

 トラウマを抱えた人間の弱さに迫って来るヴェクナ。Vol.1ではホーキンス高校の若者やマックスに魔の手が伸びるが、その邪悪な勢いはVol.2でも健在なようで、予告編では「ホーキンスは滅びる」「ヤツは止まらない、全員を捕まえるまで」「今回はダメかも」など絶望に満ちたセリフが飛び交い、陰りのある表情を浮かべるおなじみの仲間たちが映し出されていく…。

 Vol.1の最終エピソードである第7章では、物語が主に4つの場所で進行。ホーキンスでは、ダスティン、ルーカス、マックス、スティーブ、ナンシー、ロビン、エリカ、新キャラクターのエディらが、“裏側の世界”への入口を探し求め、ヴェクナの脅威に直面している最中。一方カリフォルニアでは、マイク、ウィル、ジョナサン、新キャラクターのアーガイルが、あることをきっかけにさらわれたイレブンを救うべく、僅かに残された手がかりを糸口に行方を追う。

 遠く離れたロシアでは、元ホーキンス警察署長のホッパーがロシアの刑務所に収監されているという情報を入手し、ウィルの母ジョイスと元ジャーナリストのマレーが捜索の旅に。そしてネバダでは、これまで仲間を救ってきた超能力を失った状態のイレブンが、再び力を取り戻してヴェクナを倒すべく、かつての“パパ”ブレンナー博士らと手を組み、これまで閉ざされていた禁断の過去の記憶を辿る…。

 今年5月にVol.1が配信されると、「シリーズ最高傑作」「面白すぎて一気見。最高!あのシーンは号泣…」「驚愕の展開すぎて観終わった後の余韻エグい。後半絶対やばいこと起きる」「泣いた。色々感情が追いつかない…」などの感動と興奮の声がSNSを席巻した本作。予告編のラストには、「君の友達は負けた」と邪悪に言い放つヴェクナと、悲嘆に暮れた表情で“力”を発揮せんとするイレブンの姿が。果たして、仲間たちの身に何が起きたのか。離れ離れとなったホーキンスの仲間たちと、史上最大級の脅威ヴェクナとの決戦の行方は。

 シーズン1から積み上げられてきた“イレブンの過去”や“裏側の世界の秘密”も遂に明かされ、クライマックスへと向かっていくシーズン4。大人の階段を登る“かつての少年少女たち”の運命の行方を最後まで見届けたい。

 Netflixシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4は、Vol.1(第1〜7章)が配信中。7月1日よりVol.2(第8〜9章)が配信開始。

関連記事(外部サイト)