原田龍二が裸一貫で世直しの旅へ! 痛快娯楽仁侠映画『虎の流儀』シリーズ製作決定

原田龍二が裸一貫で世直しの旅へ! 痛快娯楽仁侠映画『虎の流儀』シリーズ製作決定

映画『虎の流儀』東海死闘編 場面写真(C)2022「虎の流儀」製作委員会

俳優の原田龍二が主演する映画『虎の流儀』シリーズ2作品が製作され、今秋、連続劇場公開されることが決定。併せて、2作品の出演者も発表された。原田は、令和の“寅さん”のようだが一度怒りが沸点に達すると“虎”のごとく暴れまわる堅物な主人公・車田清を演じる。

 本シリーズは、自らを裸俳優と呼ぶ原田が主演する、弱きを助け強きをくじく人助け任侠映画。義理人情を重んじ、ひたすらに厄介ごとに耐えていくヤクザの主人公・車田清(くるまだきよし)は、まさに全国を行脚する令和の“寅さん”。ただし、一度怒りが沸点に達すると、“虎”のごとく暴れまわる堅物で昭和な男。そんなどこか憎めない主人公を原田が演じる。

 監督には、『修羅の群れ』や『日本統一(27〜現在)』の監督を務めるなど、任侠ものを中心に多数の作品の監督、プロデューサー、脚本家を務めている辻裕之。

 シリーズ1作目『虎の流儀 〜旅の始まりは尾張 東海死闘編〜』は、名古屋、岐阜を舞台に、東京からの地方進出をもくろむヤクザ一家との衝突に、地元のヤクザたちが巻き込まれていくというストーリー。全国を行脚する令和の“虎”誕生のきっかけとなる物語となっている。

 主演を原田が務めるほか、その子分には映画『SRサイタマノラッパー』(2009年)で初主演を務めた後、多くのテレビや映画に出演、そのユニークなキャラクターが好評の駒木根隆介。

 他のキャストとして、川野太郎や石橋保、石垣佑磨らに加え、お笑いタレントとしてだけでなく、俳優としても活動している、つまみ枝豆。元WBC世界バンタム級王者であり、タレント、俳優としても活動する薬師寺保栄。ヒロイン役にはグラビアアイドルとして活動後、映画『私は絶対許さない』やドラマ『刑事7人』『焼肉プロレス』など女優としても活躍する平塚千瑛。さらに5月に死去し、本作が遺作の1本となる渡辺裕之さんも出演する。

 シリーズ2作目『虎の流儀 〜激突!燃える嵐の関門編〜』は、北九州、下関を舞台に、海の埋め立てによる空港建設をめぐり、地元の漁師や代議士ら一般人(カタギ)も巻き込んだ紛争に立ち向かう物語。終盤のカーアクションも大きな見どころとなっている。

 前作に引き続き出演する面々に加え、ヒロインには『家政夫のミタゾノ』や日曜劇場『マイファミリー』などに出演した森脇英理子。さらに、磯山さやか、木下隆行、はいだしょうこ、東根作寿英、宮川一朗太、石倉三郎、六平直政、平野貴大、せんだみつお、楽しんごといった個性的なキャラクターを持つ俳優たちがそろった。

 主演の原田は「映画『虎の流儀』シリーズは本当に色々な要素が詰まった作品で、ヒロインとの恋あり、アクションあり、カーチェイスあり、爆発もあります。特にトライク(3輪バイク)に実際に僕も乗らせていただいたんですが、集団での迫力は圧巻です。かなり見ごたえがあるシーンですよ。キャストも個性的な皆さんが揃った中で、僕が演じた車田清は、少し古めかしくも、どこか憎めない男だと思います。この男がこれからどういう人生を歩んでいくか、ぜひ想像を膨らませながらご覧ください!」とコメントしている。

 映画『虎の流儀 〜旅の始まりは尾張 東海死闘編〜』『虎の流儀 〜激突!燃える嵐の関門編〜』は、今秋、2作連続劇場公開予定。

関連記事(外部サイト)