綾野剛主演『オールドルーキー』第2話に桂宮治&村雨辰剛&竹財輝之助がゲスト出演

綾野剛主演『オールドルーキー』第2話に桂宮治&村雨辰剛&竹財輝之助がゲスト出演

日曜劇場『オールドルーキー』第2話にゲスト出演する(左から)竹財輝之助、桂宮治、村雨辰剛(C)TBS

今夜6月26日スタートする綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話(7月3日放送)に、落語家の桂宮治、庭師・俳優の村雨辰剛、俳優の竹財輝之助がゲスト出演することが発表された。

 本作は、愛する娘や妻がもう一度誇りに思えるようなパパになるため、自らの人生を生き切ろうと模索する元サッカー選手・森町(綾野)の姿を描くヒューマンドラマ。

 第2話で桂宮治が演じるのは、新町と深沢塔子(芳根京子)が社長から獲得を任された将来性のある9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの父親であり、コーチでもある牧村悠一役。宮治はこれまでに落語家役でドラマに出演した経験はあるが、本業に全く関係のない役柄でドラマ出演するのは今作が初めてだ。“令和の爆笑王”とも呼ばれる宮治が本業で見せるキャラクターを封印し、監督も舌を巻くほどの抜群の演技力を見せる。

 村雨辰剛が演じるのは、新町たちと同じくひかりの獲得に向けてアプローチする競合他社のライバル、エドワード・コナーズ役。スウェーデン出身で、庭師であり俳優という異色の経歴をもつ村雨は、今回がTBSドラマ初出演。本格的な俳優デビューを飾ったNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(2021年)での好演も記憶に新しい。

 そして竹財輝之助が演じるのは、梅屋敷聡太(増田貴久)が担当している、プレッシャーから大事な局面で力を発揮できない“イップス”に悩まされるプロゴルファー・高槻一成役。18年というキャリアを重ね数々の映画やドラマに出演している竹財は、ゴルフ歴10年以上で、プロを目指していたほどの腕前の持ち主。プロと勘違いしてしまいそうな美しいフォームを見せるゴルフシーンも見どころだ。

 このほか、第1話に続き第2話にもリアルアスリートが多数出演する。

 日曜劇場『オールドルーキー』は、TBS系にて6月26日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

関連記事(外部サイト)