重岡大毅主演『雪女と蟹を食う』EDはヒグチアイに決定 最新場面写真&映像も解禁

重岡大毅主演『雪女と蟹を食う』EDはヒグチアイに決定 最新場面写真&映像も解禁

ドラマ『雪女と蟹を食う』エンディングテーマを担当するヒグチアイ(C)「雪女と蟹を食う」製作委員会

ジャニーズWESTの重岡大毅が主演する7月8日スタートのドラマ『雪女と蟹を食う』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)のエンディングテーマが、シンガーソングライター・ヒグチアイの「悪い女」に決定。あわせて、最新場面写真と映像が解禁となった。

 原作は、漫画家・Gino0808による同名作品。冤罪(えんざい)により人生が狂い自殺を決意した男と、時に雪女をほうふつとさせるような謎多きセレブ妻による奇妙な2人旅を描く、文学的でサスペンスフルなラブストーリーを連続ドラマ化する。

 ある夏の日―。金も行き場もない男・北(重岡)は命を絶とうとするが、どうしてもあと一歩が踏み出せずにいた。そんな時、テレビのグルメ番組を見て、人生でカニを食べたことがないと思い出した北は、「北海道でカニを食べてから死ぬ」と決意する。しかし十分な金がない北は、図書館で出会った高級住宅街に住む人妻(入山法子)に狙いを定め、家に押し入った。そして金を要求するが、彼女の行動は全く予期せぬものだった…。「冤罪により人生が狂った男」×「謎多きセレブな人妻」のミステリアスな2人旅が始まる。

 本作のエンディングテーマが、話題のシンガーソングライター、ヒグチアイの「悪い女」に決定。「誰かと共に時間を過ごし、食事をし、触れ合うことで感じる喜びや虚しさ。この『悪い女』という楽曲を拝聴した時に、北と彩女が旅の中で感じる言葉にできない感情が自然と浮かびました」と松本プロデューサーも惚れ込み熱烈オファー。ドラマのストーリーとも重なるような、ヒグチアイならではの強烈な歌詞世界がエンディングを彩る。

 ヒグチアイは、「悪い女」について「見えてるものが全てじゃない。わかっているのに、第一印象で人を判断してしまうのは何故だろう。幸せそう、不幸そう、やばそう、嫌な奴そう。きっともう一歩踏み込んでみれば、知らない顔に出会える。『悪い女』は、どこかにいる救われたいあなたへ送る曲」と彼女らしさあふれる言葉でコメントした。

 あわせて解禁された場面写真では、北(重岡)と彩女(入山法子)のキス寸前のシーンも。彩女の家に強盗に入ったはずの北が、なぜか彩女にリードされ戸惑いの表情をみせる。さらに、初回放送に先駆けYouTubeのテレビ東京ドラマ公式チャンネルにて、最新映像も解禁に。北と彩女の出会いのシーンを見ることができる。

 ドラマ24『雪女と蟹を食う』は、テレビ東京系にて7月8日より毎週金曜24時12分放送。

関連記事(外部サイト)