『シン・ウルトラマン』興収40億円突破! ゾーフィ役は山寺宏一であることが解禁 “ゾーフィ&ゼットン名場面映像”も公開

『シン・ウルトラマン』興収40億円突破! ゾーフィ役は山寺宏一であることが解禁 “ゾーフィ&ゼットン名場面映像”も公開

映画『シン・ウルトラマン』ゾーフィ場面カット(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の興行収入が40億円を突破。ヒットを記念し、声優の山寺宏一が、ウルトラマンと同じく光の星からやってきた使者・ゾーフィの声を務めていることが発表。また、ゾーフィ&ゼットン名場面映像も公開となった。

 昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され今なお根強い人気を誇るヒーロー“ウルトラマン”を、55周年記念作品として映画化した『シン・ウルトラマン』。本作の企画・脚本を務めるのは、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。監督は、『新世紀エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』など数々の傑作を庵野と共に世に送り出してきた樋口真嗣。主題歌は、米津玄師が本作のために書き下ろした「M八七」。

 5月13日の公開から6月26日までの45日間で観客動員269万人、興行収入40億円を突破した本作。このたび、ウルトラマンと同じく光の星からやってきた使者・ゾーフィの声を山寺宏一が担当していることが明らかとなった。

 山寺は企画・脚本の庵野秀明が監督・総監督を務めた『エヴァンゲリオン』シリーズで加持リョウジ役を演じ、また、円谷プロのデジタル・プラットフォーム・サービス、TSUBURAYA IMAGINATIONで配信中の特別企画『シン・ウルトラファイト』『続・ウルトラファイト』でもナレーション・実況を務めている。本作でも声優出演し、「時代を超えて生まれたこの素晴らしい作品に参加出来た事を、心から誇りに思います!」と喜びのコメントを寄せた。

 また収録について、「人類の監視者で裁定者であるゾーフィをどう演じるか、抑揚や年齢感も含め監督陣といろいろ相談しながら、様々なパターンで収録。最終的に1番若い感じで演じたものが採用されました」と明かした。

 さらに、ゾーフィのシーンも散りばめた「ゾーフィ&ゼットン名場面映像」も同時解禁。ゾーフィが地球に伴ってきた天体制圧用最終兵器・ゼットン。『ウルトラマン』シリーズでも高い人気を誇るキャラクターであるゼットンが、今作では最強の兵器として立ちはだかる。そんなゼットンと先に記述したゾーフィの名場面を集めた特別映像が公開された。映像の中で、本作のキャッチコピーにもなった「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン」という言葉がゾーフィによるものだったことも明らかになっている。

 映画『シン・ウルトラマン』は公開中。

※山寺宏一コメント全文は以下の通り

◆山寺宏一
既に「続ウルトラファイト」と「シン・ウルトラファイト」のお話を頂いていたので、まさか本編への出演があるとは思っておらず驚きました。
マネージャーからの連絡に〈ゾーフィの声〉とあったので「全く世代じゃないから知らないんだねー。ゾフィーの間違いだよ」と言ったら本当にゾーフィだったので再び驚きました。
キャッチコピーとなっている「そんなに人間が好きになったのか」が自分のセリフである事を知りまたまた驚きました。
人類の監視者で裁定者であるゾーフィをどう演じるか、抑揚や年齢感も含め監督陣といろいろ相談しながら、様々なパターンで収録。最終的に1番若い感じで演じたものが採用されました。
とにもかくにも、時代を超えて生まれたこの素晴らしい作品に参加出来た事を、心から誇りに思います!

関連記事(外部サイト)