『ナンバMG5』特別編 剛の愛犬・松が家出 1通の“手紙”をめぐる騒動を巻き起こす

『ナンバMG5』特別編 剛の愛犬・松が家出 1通の“手紙”をめぐる騒動を巻き起こす

ドラマ『ナンバMG5』特別編より(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系/毎週水曜22時)の特別編が29日の今夜放送される。

■特別編あらすじ

 剛(間宮)たち難破家の面々はサプライズで愛犬・松(豆三郎、声:津田健次郎)の誕生日パーティーを開こうと計画。発案者の父・勝(宇梶剛士)が母・ナオミ(鈴木紗理奈)や兄・猛(満島真之介)、妹・吟子(原菜乃華)と楽しそうに企画会議をしている間、まったく相手にされず仲間外れにされたと思いこんだ松は、すっかり落ち込んで家を出て行ってしまう。

 あてもなくさまよっていた松は、この2年半の間に起きた出来事を思い返す。そんな中、松は、伍代直樹(神尾楓珠)や大丸大助(森本慎太郎)、藤田深雪(森川葵)たちに出会う。

 退学危機にあった剛のために、実は伍代と大丸が裏で動いていたことが明らかに。そして、深雪は、ひそかに剛に手紙を書いていたが渡せないままになっていた。松はその手紙をくわえると、まさかの行動に出るのだった。

関連記事(外部サイト)