道枝駿佑、『金田一少年の事件簿』涙のクランクアップ 「正直言うと、大変でした。でも、それ以上に楽しかったです!」

道枝駿佑、『金田一少年の事件簿』涙のクランクアップ 「正直言うと、大変でした。でも、それ以上に楽しかったです!」

ドラマ『金田一少年の事件簿』クランクアップを迎えた道枝駿佑(C)日本テレビ

ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の最終回(7月3日放送)を前に、主演の道枝駿佑が約4ヵ月の撮影を終えクランクアップを迎えた。

 約4ヵ月にわたり5代目・金田一一(はじめ)を演じた道枝は、犯人の疑いをかけられた劇団員の城(増田昇太)が、身の潔白を証明するため、一人で鍵のかかった劇場にこもることになり、一(はじめ)たちが交代で劇場の外で見張りをするというシーンでクランクアップ。

 最後のシーンの撮影終了後、共演者・スタッフからの盛大な拍手の中、道枝は「4か月間、大変お世話になりました。ジャニーズに入って、ずっと夢だった金田一に、デビューして半年というタイミングで関わらせて頂くことができて本当に嬉しかったですし、周りの方々に支えられて駆け抜けた4か月だったなと思います。沢村さん、上白石さん、大昇、そして毎話出演してくださったゲストの皆さん、そして沢山のスタッフさんに支えられて本当にここまで来ることができました。途中、色んなことがあり、一時はどうなることかと思ったこともありましたが、誰一人欠けることなく、ここまで駆け抜けられて良かったな、と思っています」と感謝。

 続けて「正直言うと、大変でした。でも、それ以上に楽しかったです! すごくいい経験になりましたし、自分の役者人生のターニングポイントになる作品になりました。皆さん本当にお世話になりました!! ありがとうございました!」と、時折目に涙をにじませながらコメント。およそ4ヵ月間にわたる撮影期間を振り返る道枝に向けて、キャスト・スタッフ一同から盛大な拍手が送られた。

 日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』最終回「File07 オペラ座館 ファントムの殺人 解決編」は、日本テレビ系にて7月3日22時30分放送。

関連記事(外部サイト)