『TANG』二宮和也、自由奔放なタングにタジタジ!? インタビュー特別映像

『TANG』二宮和也、自由奔放なタングにタジタジ!? インタビュー特別映像

映画『TANG タング』タングがニノにインタビュー(C)2015 DI(C)2022 映画「TANG」製作委員会

俳優の二宮和也が主演を務める映画『TANG タング』より、ロボットのタングが二宮にインタビューする映像が解禁された。

 ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を映画化する本作。嵐の活動休止以降、初の映画主演となる二宮は、妻に捨てられ、人生に迷うダメ男を演じる。監督は三木孝浩、脚本は金子ありさが担当している。

 ゲーム三昧で妻に捨てられ、わけあって無職で人生に迷子中のダメ男・春日井健(二宮)。彼の家の庭に、ある日突然現れたのは、記憶を無くした迷子のロボット、タング。初めは時代遅れのタングを捨てようとする健だったが、タングが失った記憶には世界を変えるある秘密が隠されていた。謎の追っ手が迫る中、大人とロボット、ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた人生の宝物とは?

 解禁された映像では、タングがあの大物監督クリント・イーストウッドの名前が書かれたディレクターズチェアに堂々と座って、二宮にインタビュー。これまであまたの作品に出演し、数々の取材をこなしてきた二宮だが、共演者のロボットにインタビューを受けるのは今回が”初”ということで、冒頭から戸惑いが隠せない。

 タングにインタビュアーが務まるか心配する二宮に対し、「“主演”だから大丈夫」と返すと、早速「みどころ一言で」と鋭い質問を飛ばすタング。さらに、その返答を華麗にスルーし、「タングかわいい」「主演のタングがすごい」と自画自賛するなど、自由奔放なタングに二宮もタジタジ…。主演は俺だと二宮から指摘され、「タング、ニノ、だーいすき」と全力でごまかすタングに、二宮も「ごまかすなよ」と思わずツッコミ。劇中の健とタングさながらのやりとりに思わず笑顔になってしまうインタビュー映像となっている。

 この映像は本日からYoutubeにて公開。さらに、30秒のショートバージョンが109シネマズ、T・ジョイ系列の各劇場で7月1日から順次上映される。

 映画『TANG タング』は、8月11日より全国公開。

関連記事(外部サイト)