中島裕翔、緊張しながらピアノ生演奏披露「手ブルブルでした」

中島裕翔、緊張しながらピアノ生演奏披露「手ブルブルでした」

ドラマ『純愛ディソナンス』制作発表に出席した中島裕翔 クランクイン!

Hey!Say!JUMPの中島裕翔と女優の吉川愛が30日、都内で行われたドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/7月14日より毎週木曜22時)制作発表に出席。中島がピアノ生演奏を披露した。

 本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルスト−リー。常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

 音楽教師役を演じる中島は、劇中でピアノを弾くシーンもあり「0からのスタートだったので本当に大変でした」と吐露。続けて「劇中で弾くピアノの曲が2人にとってのテーマソングになってきたりもするので、すごくがんばったところでもあります」と語った。また、今まで演じたことのない役どころだと話し「難しいことを楽しみながら、模索しながらやっている感じですね」と役への向き合い方を明かした。

 その場でピアノを弾くことになると、中島は「すごい緊張します」と緊張した面持ちでピアノの前に座り、生演奏をスタート。しかし、中島が弾き出した曲は「ねこふんじゃった」で、近くで聞いていた吉川は「違います! びっくりした!(笑)」と即座にツッコミ。会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 気を取り直して中島は「亡き王女のためのパヴァーヌ」を感情を込めて生演奏。見事に弾き終わると、中島は「手ブルブルでした」と緊張していたことを打ち明けた。吉川は「(ピアノの)先生がこの曲を『優雅になめらかに弾いてください』って言っていたんですけど、それを実際にやってのける中島さん、やっぱりすごいなと思いました」と拍手を贈った。

 中島と吉川は本作が初共演。中島との撮影について吉川は「楽しいです。中島さんがいるとまとまるし、でも盛り上げてくださる。キャストの方やスタッフさんともたくさんお話していますし、いろんな方とずっとお話しているイメージ」とコメント。「もうちょっとクールな方かと思っていたんですけど、こんなに和気あいあいと話してくださる方なんだなと思いました」と最初思っていた印象とは違っていたことを明かした。

 木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて7月14日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

関連記事(外部サイト)