綾野剛『オールドルーキー』に金メダリスト・四十住さくら、9歳のスケーター・佐竹晃らアスリート出演

綾野剛『オールドルーキー』に金メダリスト・四十住さくら、9歳のスケーター・佐竹晃らアスリート出演

日曜劇場『オールドルーキー』第2話より(C)TBS

7月3日21時より放送される綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話に、9歳のスケーター・佐竹晃(さたけひかり)、バドミントン混合ダブルス日本代表の渡辺勇大/東野有紗ペア、アルペンスキーヤーの新井真季子、東京五輪スケートボード金メダリストの四十住さくらと、本物のアスリートが続々出演する。

 本作は、サッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた37歳の主人公・新町亮太郎(綾野)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。福田靖が脚本を担当する、完全オリジナルストーリーだ。

 本作では、アスリートたちへのリスペクトと共にスポーツが持つさまざまな魅力をリアルに届けるため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行っている。各話でスポットが当たるアスリートはさまざまだが、それぞれの選手に選手としての葛藤や、自身が所属しているスポーツマネジメントの話などを取材し反映。また、Jリーガーを演じる綾野のサッカー監修に大久保嘉人を起用しているほか、Jリーグ・日本サッカー協会など“本物”たちからのサポートが、ドラマにリアルと迫力を与えている。

 第2話で、新町と深沢塔子(芳根京子)が社長から獲得を任された将来性のある9歳のスケートボード選手・牧村ひかり役を演じるのは佐竹晃。役柄と同じく9歳のスケーターで、キッズクラスの大会で優勝経験もある佐竹。スケートボードシーンの説得力を持たせるため、リアルなスケーターに芝居を教え込む形となり、演技初挑戦にして日曜劇場でドラマデビューを飾るという異例の大抜てきとなった。

 スケートボードで培った反射神経のおかげか、演技の飲み込みも早かったという佐竹。家族に支えられながらスケートボードを続ける姿はまさに今回の役と重なり、等身大の演技を披露している。将来を担うスケーター・佐竹による圧巻の“トリック”はもちろん、初々しくも堂々とした演技も見どころだ。

 また、現役アスリートである、バドミントン混合ダブルス日本代表として活躍中の渡辺勇大/東野有紗ペア、アルペンスキーヤーの新井真季子も出演。さらに、東京五輪スケートボード女子パークで初代金メダリストに輝いたトップスケーター・四十住さくらも出演する。佐竹の師匠であり目標でもある四十住は、まな弟子の佐竹がスケートボードを始めた当初から練習をそばで見守ってきた。

 四十住は「今回は、作中のスケートボードの演出や、佐竹さんのキャスティングやブッキングなど監修のお手伝いから関わらせていただきました。出演者や制作スタッフの皆様と一緒に、この作品のメンバーの一員になれて楽しかったです」と感想を。

「撮影本番まで佐竹さんの演技の練習などは一切見ていなかったんですが、撮影本番に向けた演技レッスンや、課題を出していたスケートボードの練習を経て、自分に自信を持てたんだなってことが伝わってきました。第2話は、スケートボードのお話ということで、一人でも多くの方がスケートボードに興味を持ってもらえるようなストーリーになっていると思います。ぜひ、ご覧になってください」とコメントしている。

 編成の東仲恵吾は「天才少女スケートボーダーという設定の中で、スケートボードの技に説得力をもたせることが第2話の肝になると感じて、四十住さんや多くの方のお力添えで、(佐竹)晃ちゃんというダイヤの原石に出会うことができました。芝居は初経験でしたが、2ヵ月以上猛特訓してくれました。何より晃ちゃんの飾らない演技がとてもリアリティをもたせてくれました」と明かす。

 そして「スポーツマネージメントの話ではありますが、スポットライトが当たるスポーツを本物にできるかどうかが大事だと考えているので、現役の方々が出演してくださるおかげで、より一層説得力のある作品にできております」と話している。

 日曜劇場『オールドルーキー』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。

関連記事(外部サイト)