『ソー:ラブ&サンダー』“日本の雷様”高木ブーが応援! ほほ笑ましすぎる映像

『ソー:ラブ&サンダー』“日本の雷様”高木ブーが応援! ほほ笑ましすぎる映像

高木ブーが雷様として『ソー:ラブ&サンダー』を応援! インパクト抜群なポスター(C)Marvel Studios 2022

マーベル・スタジオ最新作の映画『ソー:ラブ&サンダー』より、日本の“雷様”こと高木ブーによる特別応援インタビュー映像と、ビジュアルが解禁となった。

 本作舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―。激闘の末、宇宙の荒くれ者ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と宇宙へ旅立ったソーは、多くの仲間を失い、いつしか戦いを避けるようになっていた。ヒーローとして戦ってきた人生を見つめなおし、”自分探し“の旅へ出ることを決めたソー。ゼロから道を歩み始めると決めた彼の前に、全宇宙の神々の抹殺を誓う”神殺し“なる最大の敵ゴアが現れる。ソーが王座を離れ、新たな国として歩み始めた新・アスガルドにまで襲撃してきたゴアを前に、絶体絶命のピンチに追い込まれたその時、現れたのは、ソーのコスチュームに身を包み”マイティ・ソー“となった、元恋人のジェーンだった。ソー&マイティ・ソーによる破壊力2倍の神バトルが今、開幕する。

 今回解禁となった映像では、今なお語り継がれる伝説のバラエティ番組『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)から生まれた名物コントで、“雷様”として全国のお茶の間に絶大な人気を誇ったお笑い界のレジェンド高木ブーが、おなじみの“みどりの雷様”の姿で登場。雷様がアベンジャーズ最強の雷神ソーの最新作をオリジナリティあふれる表現で紹介する。

 ウクレレ奏者という一面も持つ高木本人の弾き語りによる陽気なオープニングではじまった特別応援インタビュー映像は、本作に登場するソーとマイティ・ソーという2人の“ソー”に引っ掛けたダジャレの連発。インタビュアーの問いかけに対し、ことごとく「“ソー”だね」とボケたおし、にこやかに相槌を打つなんともシュールほほ笑ましい映像。併せて解禁となったのは、“ソー”ではなく『“ブー”:ラブ&サンダー』のタイトルとなり、本作ビジュアルと同じ構図で完コピを再現。高木が高らかにソーの武器であるストームブレイカーを掲げるインパクト抜群なポスターだ。「神バトル、いってみよー!」と聞こえてきそうな、本作の激しいバトルの幕開けを告げる特別ビジュアルとなっている。

 高木は先日も、神楽坂の赤城神社で行われた、本作の大ヒット祈願イベントにスペシャルゲストとして登場するなど、日本の雷様として雷神ソーの新たな門出を盛大に盛り上げている。自身の孫がマーベルファンとも語っており、ある年のハロウィンでは、孫がキャプテン・アメリカ、高木が雷様という格好でハワイの街に繰り出し、大勢の人だかりになってしまったというエピソードもあるという。そんな雷様、高木も「“ソー”サプライズな展開に、フィール“ソー”グッド!『ソー:ラブ&サンダー』劇場で見てね!」と、エールを送っている。

 映画『ソー:ラブ&サンダー』は、7月8日より公開。

関連記事(外部サイト)