舞台『ハリー・ポッター』に綾瀬はるか大興奮「テーマパークに来たみたいなワクワク感」

舞台『ハリー・ポッター』に綾瀬はるか大興奮「テーマパークに来たみたいなワクワク感」

『ハリー・ポッターと呪いの子』開幕 初日レッドカーペットに登壇した綾瀬はるか クランクイン!

綾瀬はるか、鈴木亮平、和田アキ子らが8日、東京・TBS赤坂ACTシアターで開催された舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の観劇後のコメント取材に登場。開演前に期待を口にしていた鈴木も、「こんなに泣かされるとは」と興奮しきりの様子を見せた

 ハリー・ポッターシリーズの8作目となり、原作者であるJ.K.ローリングが自ら原案を練り上げ、ハリー・ポッターの19年後の新たな物語が描かれる今作。日本オリジナルキャストで、アジアでは初上演となる。開幕初日となったこの日、ハリー・ポッター役は藤原竜也が演じており、トリプルキャストの石丸幹二と向井理は8月にそれぞれ初日を迎える。コメント取材には綾瀬、鈴木、和田のほか、香川照之、市村正親、鹿賀丈史、立川志らく、井上尚弥も登場した。

 初日の公演が終わり、観劇後に登場した香川は感想を聞かれ「お芝居以外でジンと感動したり、泣いてしまったりとかあまりないんですけど、大変素晴らしい舞台でした」と絶賛。『ハリー・ポッター』シリーズをこれまで観たことがないと言うが「とても丁寧に作られているので、下情報がなくてもものすごく感動することができた。久しぶりに大変素晴らしい舞台を拝見しました。スタッフ・キャストの努力が感じられました」と感激しきり。

 続いて登場した和田も、『ハリー・ポッター』をあまり知らずに今回の観劇に臨んだといい「長い芸能生活でいろいろなミュージカルや舞台などを観ましたけど、この舞台のセットのスピード感、スケール感は日本ではちょっとなかったでしょうね。すごいスケール感でした!」と興奮を隠せない様子。また「ああいう風に魔法使えるといいですね。私は悪い方に使っちゃいますけど(笑)」と言って場を和ませ、「観てない方は、ぜひ一度ご覧になってください。圧倒されるし、心に残ると思います」と笑顔を見せた。

 また息子と観劇していたという市村は「父親として身につまされる作品。こういう話だとは思わなかった」と明かし、「映画とはまた違う、舞台の生の感動がある。非常に楽しかった」と感想を吐露。「非常にスケールの大きな、いっぱい宝物がつまっているような、いろんな角度から楽しめる作品」だと語り、市村と同じく長年舞台で活躍し続けている鹿賀も「久しぶりに素晴らしいストレートプレイを観ました。非常に面白かったです」と太鼓判を押した。

 さらに、『ハリー・ポッター』が大好きという鈴木は「すごかったですね! 魔法でしたね!」と興奮しきりの様子を見せ、「途中から(魔法の仕掛けが)どうなっているんだろうと、タネを見つけるのはやめました(笑)」と魔法の世界にどっぷりと浸かった様子。「こんなに泣かされるとは思っていなくて。ビックリして興奮して感動して、とにかく感情が忙しいです。親子でも、1人でも、『ハリー・ポッター』を知らなくても楽しめます。ただ知っていたら、より楽しめると思います!」と終始興奮しきりだった。

 また最後に登場した綾瀬も「世界観にぐっと引き込まれて、今現実に戻っている感じです(笑)」と今の心境を明かし、「テーマパークに来たみたいなワクワク感と、魔法とか仕掛けもすごいのでビックリして楽しめますし、ぜひこの夏に感情を揺さぶりにきていただきたいなと思います!」とメッセージをおくった。

 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、TBS赤坂ACTシアターにて公演中。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?