Snow Man・宮舘&向井が「脱出島」に参戦&コメント到着 『冒険少年』3時間SP、今夜放送

Snow Man・宮舘&向井が「脱出島」に参戦&コメント到着 『冒険少年』3時間SP、今夜放送

『アイ・アム・冒険少年』3時間SPより「脱出島」に参戦した(左から)永井大、Snow Man・向井康二&宮舘涼太、鬼越トマホーク・坂井良多&金ちゃん(C)TBS

今夜7月18日19時放送の『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)は3時間スペシャル。大人気企画「脱出島」に、Snow Man・宮舘涼太&向井康二が参戦。鬼越トマホークと永井大が迎え撃つ。

 島を脱出して4km先のゴールにたどり着くまでの時間を競う人気企画「脱出島」。水と食料を除くアイテムを45リットルのバックパックに詰めて持ち込むことができる「ワンバッグシステム」を、いかに知恵を絞って活用するかが勝負の行方を左右する。島で水や火、食料をどのように確保するのか、そして脱出するためのイカダや船をどんな材料でどんな形で作るのかが見どころだ。

 今回の挑戦者1組目は、Snow Man・宮舘涼太&向井康二ペア。Snow Manイチ気品あふれるロイヤルな男・宮舘が、“ワイルドロイヤル”というテーマを掲げ、『冒険少年』レギュラーメンバーにして「脱出島」経験者の向井と最強タッグを組んで「脱出島」に初参戦する。上下白いスーツ姿で1本のバラを持って登場し、レッドカーペットを歩く宮舘の姿はロイヤルそのものだが…果たして脱出成功なるか? 一方、脱出に挑む向井の目に涙が…その理由とは!?

 宮舘は「とにかく真剣に取り組ませていただいたので、素の自分を見ていただきたいです。笑いあり、涙あり、ハラハラ、ドキドキとか、いろんな感情が3時間の中で見られると思うので楽しみにしてもらえたらなと思います」とコメント。

 向井は「また島で涙しております。とんでもない理由がありますので、見ていただけたらわかります。それが島のいいところでもありますし。チームごとにみどころがたくさんあるのでいいシーンを見つけてください」と語っている。

 2組目の挑戦者は、お笑いコンビ・鬼越トマホークの金ちゃんと坂井良多。この「脱出島」で優勝できなかったら鬼越トマホークが解散…? そして坂井はカップルYouTuberに転身!? 参戦者初の“コンビ解散回避”をかけて「脱出島」に挑む。

 そんな2組を迎え撃つのは、芸能界屈指の肉体派俳優・永井大。唯一ペアではなく1人での参戦となった永井は、今までの「脱出島」挑戦者で初めて、他の挑戦者が誰なのかを聞かずに戦うことを選ぶ。ライバルではなく、自分との戦いに集中したいという熱くストイックな姿にスタジオメンバーからつけられた呼び名は“ストイック大(まさる)”。自分自身を武器にして挑むため、持ち込んだアイテムの3割がボディケアグッズという、常人とは違う発想を持った熱い男だ。「子どものために全力で頑張りました!」と永井。かつて戦隊ヒーローを演じた永井だが、いまは2人の子どもの“パパ”としてかっこよく脱出する姿を見せることができるのか?

 『アイ・アム・冒険少年』3時間SPは、TBS系にて7月18日19時放送。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■宮舘涼太(Snow Man)

 何もかもが初めてだったので、本当に初めて経験することがたくさんありました。新たな自分の扉を開ける場面に出会えてとてもうれしかったです。

 Snow Manから向井と目黒が出演させていただいているこの番組に、「Snow Manというグループにはこういうヤツもいるんだよ」というのを改めて知っていただくのが大事かなと思って、(「脱出島」のオファーを)引き受けさせていただきました。そして自分の心の中の無邪気な部分を見つけられたらなと思って参戦させていただきました。

 今回のテーマとして掲げた「ワイルドロイヤル」。今回の挑戦を終えて、「ワイルドロイヤルとは?」という問いに答えるならば、“まだ冒険中”です。永井さんも鬼越トマホークさんもみんな個性が豊かでした。ほんわかする場面とか、締めるところは締めるという切り替えがチームごとにあって勉強になりました。

 とにかく真剣に取り組ませていただいたので、素の自分を見ていただきたいです。笑いあり、涙あり、ハラハラ、ドキドキとか、いろんな感情が3時間の中で見られると思うので楽しみにしてもらえたらなと思います。そして初めてこのスタジオに来させていただいて、出演者の皆さんの温かさに触れました。すごくほっこりした気持ちで収録を終えられたので、この気持ちも視聴者の皆さんに届けられたらなと思います。

■向井康二(Snow Man)

 イカダを漕ぐのもなんやかんやしんどいし孤独はキツいんで、今回もメンバーと行けたのがデカいっすね。2人だったんで嫌な気持ちにもならず楽しいお仕事でした。1年に1回くらい行ってもいいかな。めめ(目黒)と舘様(宮舘)とどっちがよかったとかは言えないので、次回はトリオで行きますか。

 「ワイルドロイヤル」という単語の意味は1ミリもわからないですよ。一緒に冒険しましたけど、「ロイヤルって何なんだろ?」という答えを見つけちゃダメなんですよ。謎のままというか、ロイヤル=舘様という感じで浸透していけばいいなと思っています。

 スタジオ収録中はずっと笑っていましたね。永井大さん改め、ストイック大、子どもたちの新たなヒーロー誕生です(笑)。

 Snow Manから4人目の挑戦でしたが、もうこれ以上(「脱出島」に)行けるメンバーはいないですね。しいて言うなら深澤(辰哉)さんくらいです。舘様も僕からしたら隠し玉みたいなもんだったんで。

 僕らの頑張りを見て欲しいです。そして予告映像でもあったようにまた島で涙しております。とんでもない理由がありますので、見ていただけたらわかります。それが島のいいところでもありますし。チームごとにみどころがたくさんあるのでいいシーンを見つけてください。

■金ちゃん(鬼越トマホーク)

 アウトドアが好きだし芸人として身体を張る仕事をしたくて、オファーをいただいたときはこの仕事うれしいと思ったんですけど、現地で後悔しました。マジ辛かったですね。リアルなんだなと思いました。それにしても対戦相手が永井さんとSnow Manって、僕ら完全に噛ませ犬ですよね(笑)。

 ぶっちゃけた話、息子のために好感度が欲しかったんです!! 息子が成長して、テレビを見て「パパ!」ってわかって騒ぐようになってきたんですよ。この『冒険少年』はお子さんが見てるじゃないですか。僕らは同じ年齢層の同じ見た目のおっさんにしか興味もたれていないんですよ。だからお子さんとその親御さんに見てもらいたい! 潜るのは辛かったんですけど、子どものために頑張りました。でもVTRを見たら永井さんと宮舘さん向井さんの潜水がすごすぎて、非常に不本意なんですが、あれが僕の限界でした。

 スタジオでVTRを見て、3人に比べてウエットスーツを着た自分の身体が見ていられなかったです。でも困難を乗り越えた同志という気持ちが湧きました。対決なんで「失敗しろ!」という気持ちが芽生えるかと思っていたんですが、普通に応援していました。

 普段は(相方と)喧嘩ばっかりしているんですけど、素の鬼越トマホークが一番出ている番組になったと思います。優勝しなかったら解散します!! あとは多くを語らず…。皆さんに楽しんでいただければと思います。

■坂井良多(鬼越トマホーク)

 やっぱり大変でしたね。完全に舐めていたので本当にしんどかったです。僕らはテレビでいつもケンカしているイメージがあると思いますが仲がいいんですよ。吉本でも一番仲がいいコンビだと思います。それを見てもらいたいなと思って島に行きました。不安もありましたよ。体重があるので海で浮くのかとか…。でも、僕らは島に行くまで対戦相手を知らされていなくて。相手が永井さんとSnow Manだと知っていたら「もっと弱い人の時にしてくれよ!」って言ったと思います。体格見たら負けるでしょ!

 金ちゃんは子どもができたのが大きいかな。子どもがいなかったらあんなに何度も潜らないですよ。子どものために頑張ってた。だから余計に永井さんとSnow Manの2人の潜水がものすごいというのがわかると思います。あんなに簡単に潜れないですよ。

 スタジオで我々以外のVTRを見たら、やっぱり永井さんも宮舘くん、向井くんも身体能力が段違いだと思いました。僕らは不摂生だし身体がだらしない。自分たちを見ていられなかったです。あと思ったのは、イカダの個性が全然違う。限られた資材であんなに違う形の物が作れるんだっていう驚きはありますね。いい番組ですね。

 僕らは解散回避をかけて「脱出島」に臨んだ初めてのお笑いコンビだと思います。その覚悟と、ネタバレになっちゃいますけど優勝する瞬間をぜひ見届けてください。ドラマもありますしコメディ・サスペンス・ノンフィクション全ての要素が詰まっています。あの島で何が起こってどうなったのか。見たら全てがわかります。ぜひ番組を見てください。万が一解散したら彼女とカップルYouTuberになります!!

■永井大

 率直に楽しかったですね。過酷だろうなとは思っていましたが、イメージしていたよりもとても過酷でした。体力もすごく使ったし、もちろん暑さもあって過酷だったんですけど、それ以上にすごく楽しい時間でした。

 オファーを受けた理由は、チャレンジしたい!という気持ちですね。40代中盤になって肉体を使って表現する機会がだいぶ減ってきて、もちろん20代の頃よりは体力は落ちていますが、そういう気持ちを忘れずに臨みたいと思っています。僕より年上の人は出てこないだろうなとは思っていましたが、若い人たちには負けたくない!という気持ちを前面に出して頑張りました。

 僕は対戦相手を敢えて聞かないという選択をしたので、スタジオに来て初めて相手がSnow Manの2人と鬼越トマホークさんだと知ったんです。もう全て終わった後なのにビビりましたよ。彼らの奮闘をVTRで見て、純粋に一視聴者のような感じになって「火がついた! よかったよー! 手は大丈夫かな?」とすごく盛り上がりました。大変さは自分も経験しているのでわかりますし、そういうふうにいろいろ考えながらやってたんだな、そうなんだよなあとか感情移入しちゃいましたよ。僕だけが1人での挑戦だったんですけど、スタッフさんたちがすごく話しかけてくださったりチームとしていい時間を過ごせました。一緒に島に行くとしたら…照英さん! 熱い男なんで引っ張っていってくれると思います。

 3時間盛りだくさんというか見ごたえたっぷりというか、見ていて楽しいと思うシチュエーションがすごくあるので、思う存分笑ってください。感動もしますし、自分が出演させていただいているのに子どもの声を聞いたらすごくウルウルしちゃって。非常に心から楽しめる番組になっていると思います。家族で、カップルで、友達同士で楽しんで見ていただけると思いますので、ぜひ楽しんでください。

関連記事(外部サイト)