KinKi Kids、『The Covers』に2週連続登場 SMAP・山下達郎の名曲をカバー&デビュー前の秘蔵映像も

KinKi Kids、『The Covers』に2週連続登場 SMAP・山下達郎の名曲をカバー&デビュー前の秘蔵映像も

『The Covers』より(左から)MCのリリー・フランキー、水原希子、ゲストのKinKi Kids(C)NHK

デビュー25周年を迎えたKinKi Kidsが、音楽番組『The Covers』(NHK BSプレミアム・BS4K/毎週日曜22時50分)に初出演することが決まった。8月7日、14日の2週にわたるスペシャル放送で、各日5分拡大となり、スタート時間が通常より5分早い22時45分からとなる。

 1997年に作詞・松本隆&作曲・山下達郎による「硝子の少年」でデビューしたKinKi Kids。以来、レジェンド音楽家たちが彼らの楽曲制作を手がけ、すべてのシングルが1位を記録するなど、四半世紀に渡りトップを走り続けている。

 番組では、彼らの音楽人生を語る上で欠かせない激レアな「カバー曲」、そして25年の軌跡を彩る「オリジナル作品」のパフォーマンス、更に、彼らのルーツにつながるデビュー前の“NHK秘蔵・名曲カバー映像集”を通して、「KinKi Kidsが築いた音楽文化」、「彼らの音楽的原点」と「創作への思い」に迫る。

 カバー曲は、デビュー前から交流の深いSMAPの名曲「青いイナズマ」、そして、デビュー曲から最新曲まで彼らの楽曲を手がける山下達郎の「いのちの最後のひとしずく」。楽曲の魅力と、SMAP、山下達郎への思いを語る。

 オリジナル作品は、松本隆・山下達郎が手がけた夏の名曲「ジェットコースター・ロマンス」、2001年に2人で詞曲を手掛けた、歌い継がれる名曲「愛のかたまり」。さらに、作詞はKinKi Kidsの2人、作曲は山下達郎による25周年のアニバーサリーソング「Amazing Love」を、フルコーラスで届ける。

 トークでは、堂本光一、堂本剛が楽曲の制作秘話や当時の思いを語る。NHKの秘蔵映像で贈る『デビュー前のカバー映像』に、2人は照れながらも当時歌っていた楽曲が今の自分たちに与えた影響や、音楽的ルーツから2人の関係性にも触れている。

 MCのリリー・フランキーは「KinKi Kidsの25年は、日本の音楽史の25年でもある。音楽通なら見逃せない内容」と、並々ならぬ“KinKi愛”を語り、彼らのパフォーマンスに目頭を熱くするシーンも。水原希子は「子供の頃から観つづけてきた存在。ワクワクと聞きたいことがいっぱいで、あっという間の時間でした」と語った。

 収録の感想トークで、光一は「番組のナレーションをさせて頂いている時から、この番組で音楽について話してみたいと思っていたので、とても嬉しかったです。MCのお2人とのお話でハッとさせられることもあり、我々の創ったものが響いてくださっているのが有難かったです」と語った。剛は「有意義な時間でした。25周年だからこそ語れることもあって。お2人がこんなにも奥深く僕たちの音楽を理解して下さり、いろいろと深く聞いて頂ける場で、幸せな時間でした」とコメントしている。

 放送は、貴重なパフォーマンスと大いに盛り上がりをみせたトークも交え、5分拡大に。スタート時間が、通常より5分早い22時45分スタートとなる。

 『The Covers』KinKi Kidsナイト!25周年スペシャルは、NHK BSプレミアム・BS4Kにて8月7日、14日各22時45分放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?