『シャザム!〜神々の怒り〜』特報解禁 “バットマン”&“アクアマン”らの姿も

『シャザム!〜神々の怒り〜』特報解禁 “バットマン”&“アクアマン”らの姿も

映画『シャザム!〜神々の怒り〜』サンディエゴ・コミコン 2022より(C)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(C)DC

異色スーパーヒーローの活躍を描くDC映画『シャザム!』(2019)の続編『Shazam! Fury of the Gods(原題)』が、邦題を『シャザム!〜神々の怒り〜』として今冬公開されることが決定。バットマンやアクアマンも登場する特報が解禁された。

 『シャザム!』は、魔術師から世界の救世主に選ばれたビリー少年が、大人のスーパーヒーロー“シャザム”となって活躍する姿を描いたヒット作。

 続編では、“見た目はオトナ、中身はコドモ”の半人前ヒーローであるシャザムが、大人の事情を理解できず神々を怒らせてしまうことに。復讐に燃える“神の娘たち”が巨大モンスターを引き連れて地球に降臨し、「神々の力を宿すシャザムVS神の娘たち」という、神様だらけの最強バトルが開幕する。

 キャストには、主人公シャザム役のザッカリー・リーヴァイ、ビリー役のアッシャー・エンジェル、フレディ役のジャック・ディラン・グレイザーら前作からの主要キャストが続投。さらに、アトラスの娘へスペラを『クィーン』(2006)のオスカー女優ヘレン・ミレン、カリプソを『キル・ビル』シリーズのルーシー・リューという二大女優が演じ、『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021)のマリア役でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した新鋭レイチェル・ゼグラーも出演する。監督は、前作に引き続きデイビッド・F・サンドバーグ。

 特報は、半人前ヒーロー・シャザムことビリーが、シャザムの姿に変身したまま、小児科医に向かって、自分がヒーローとして未熟で、バットマンやアクアマン、フラッシュなどほかのDCヒーローと自分を比較して、能力に見合わないという悩みを告白するシーンから始まる。ビリーはまた、一緒にグループホームで暮らすほかの5人の子供たちも、魔術師からスーパーパワーを授かり、みんな好き勝手にやって困っているという思春期らしい悩みも吐露。

 その後ビリーは、魔術師から神の娘たちがやって来ることを知らされる。「力を返してもらおう」と襲い来る神の娘たちに、家族の力で立ち向かおうとするビリー。やがて、巨大なドラゴンが街を破壊し始め、自分の手には負えないと嘆くビリーだったが、大切な家族を守るため、そして世界を救うため敵に立ち向かっていく。果たして、神々の怒りに触れてしまったビリーの運命はどうなるのか。

 なお今回解禁された特報は、アメリカ・サンディエゴで開催されたサンディエゴ・コミコン2022にて、現地時間7月23日に初公開。会場には、主演のザッカリー、共演のアッシャー、ジャック、ルーシー・リュー、そして監督のデイビッドが登場。

 ザッカリーは、最新作について「超人的な力をどう使いこなすかということだけでなく、スーパーヒーローとしての自分と普段の自分という2つのアイデンティティの間でどう折り合いをつけるか、という問題に直面する。そんな展開は、皆が共感できる、興味深くて、より現実的な側面をシャザムという物語のアークに与えてくれていると思う」と、主人公のビリーが思春期ならではの悩みを抱える様子も作品の重要なポイントになっているとコメント。そして特報が公開されると、ユーモアと迫力のアクションシーンが満載された映像に、この日集まった6500人の観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こっていた。

 映画『シャザム!〜神々の怒り〜』は今冬全国公開。

関連記事(外部サイト)