内田真礼のインタビュー到着 仏・人気ファンタジー小説が原作のアニメ『タラ・ダンカン』日本初放送

内田真礼のインタビュー到着 仏・人気ファンタジー小説が原作のアニメ『タラ・ダンカン』日本初放送

アニメ『タラ・ダンカン』ポスターPRINCESS SAM PICTURES(C) 2021

8月5日からディズニー・チャンネルにて先行放送がスタートするアニメ『タラ・ダンカン』より、主人公・タラ役を務める内田真礼のインタビューが到着した。

 『タラ・ダンカン』は、魔法族の子孫である少女タラの活躍を描く、世界27ヵ国で出版されたフランスの人気ファンタジー小説を原作にした日本初上陸のアニメーション。地球に住む普通の女の子タラ・ダンカンが、自分にも不思議な力があることに気づき、魔法の世界オートルモンドで修行することに。実はオートルモンドで最大領土を誇るミミ帝国の後継者でもあるタラは、友人のカル、スパロー、ロビンらと共に魔法学校へ通いながら、帝国を守る力を身につけていく。

 主人公のタラ役には、人気声優の内田真礼を抜てき。9月からのレギュラー放送開始に先駆け、8月5日より第1〜8話が毎週金曜日に2話ずつ先行放送される。

 内田はインタビューで、本作の最大の見どころを「『タラ・ダンカン』で描かれている世界の豊かさに注目してほしいです! 1話10分程の作品ですが、その中に沢山の魅力が詰まっているので見ている人が凄く満足できて楽しめるのが『タラ・ダンカン』の魅力だと思います」と語った。自ら演じるタラの印象については「とにかく『元気』がキーワードの女の子ですね!」としている。

 さらに視聴者に向け、「『タラ・ダンカン』はタラが冒険に出かけるストーリーなのですが、様々な出来事が巻き起こり、視聴者の皆様を楽しませる物語になっています。ぜひ、タラと一緒の気持ちになって物語を楽しんでいただけると嬉しいです!」とメッセージを寄せた。

 アニメ『タラ・ダンカン』は、ディズニーチャンネルにて8月5日より毎週金曜20時30分、2話ずつ先行放送。

■内田真礼 インタビュー

――日本初放送となる『タラ・ダンカン』の最大の見どころは何でしょうか?

 『タラ・ダンカン』で描かれている世界の豊かさに注目してほしいです! 変身したり魔法がでてきたり、かわいい動物たちやたくさんのお友達や悪役も出てきて、見どころがたくさんあります! 1話10分程の作品ですが、その中に沢山の魅力が詰まっているので見ている人が凄く満足できて楽しめるのが『タラ・ダンカン』の魅力だと思います。

――内田さんの演じるタラの印象はいかがでしたか?

 普通の女の子がヒーローになる作品なので、観てくださる視聴者の方々にも共感できるヒロインでありつつも、今の時代に合ったキャラで演じていきたいと思っています。最初、タラは何もできないし、この世界でどうやって過ごしていこうと不安に感じているような印象があ
ったのですが、収録の際は「かわいらしく、元気であってくれ」と言われて収録しました。とにかく「元気」がキーワードの女の子ですね!

――視聴者の方に「ここにフォーカス して観てほしい!」という点はございますか?

 『タラ・ダンカン』はフランス製作のアニメですが、観ていてとても安心感があるなと思いました。変身する際も掛け声があって、順々にそれぞれのカラーのスーツを装着したり、魔法を使ったり、キャラクターたちがちゃんと日本でいう“お約束”をしてくれる様子を描く中で、出てくるキャラクター性が良い意味で日本っぽくないので、そこのちぐはぐ感も私はすごく楽しめると思います。男の子のカッコよさも日本ではあまり見たことのない魅力に溢れているので、日本と海外の感覚の違いも視聴者の皆様に楽しんでもらえるのではないかなと思っています。

――視聴者の方に一言メッセージをお願いいたします。

 『タラ・ダンカン』はタラが冒険に出かけるストーリーなのですが、様々な出来事が巻き起こり、視聴者の皆様を楽しませる物語になっています。ぜひ、タラと一緒の気持ちになって物語を楽しんでいただけると嬉しいです! よろしくおねがいします!

関連記事(外部サイト)