西島秀俊、斎藤工ら『グッバイ・クルエル・ワールド』、波乱のシーン連続のド派手な予告編解禁

西島秀俊、斎藤工ら『グッバイ・クルエル・ワールド』、波乱のシーン連続のド派手な予告編解禁

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』本ポスター(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

俳優の西島秀俊が主演する映画『グッバイ・クルエル・ワールド』より、ド派手な予告編が解禁された。

 本作は、監督・大森立嗣×脚本・高田亮がオリジナルで描く銃撃戦クライム・エンターテインメント。その刺激的な描写からR15と鑑賞に年齢制限がつく。

 西島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が演じるのは、全員互いに素性を明かさない一夜限りの強盗団。ある夜、彼らはラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功。それぞれの生活に戻るメンバーだったが、警察やヤクザ組織に追われる日々が始まる。宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じるヤクザと黒いつながりを持つ刑事などを巻き込み、大波乱の物語が幕を開ける。

 予告編は、安西(西島)が銃を構え引き金を引き、銃声が鳴り響くシーンから始まる。覆面を被った安西、萩原(斎藤)、美流(玉城)、浜田(三浦)は、ヤバい裏仕事のために一夜限り集まった、互いに素性を知らない4人。「銀行も企業も国もどんどんダメになってくんだから」「ジジイ、黙れ」。強盗現場潜入の緊張が漂う中、覆面を被った浜田と萩原の軽妙な無駄話。本編ではこの無駄話が随所に登場する。

 4人はヤクザ組織の資金洗浄の場から大金を強奪するという裏仕事に成功し、それぞれの日常に戻るはずだったが、ラブホテル従業員の矢野(宮沢)、刑事の蜂谷(大森)を巻き込み、波乱の物語は動き出す。

 「バレたらどうなるか分かってねぇな。溶かされて終わりなんだよ」と萩原に胸ぐらをつかまれる強盗団の一味・武藤(宮川)。ヤクザから足を洗い家族と人生をやり直したい安西が町内会の集まりに参加し笑顔を振りまいているところに、元舎弟の飯島(奥野瑛太)が現れ、「この辺の人、安西さんが元ヤクザだって知ってます? 自分だけ綺麗に抜けられると思ってんの?」と迫る。

 「ようこそ、狂乱の世界へ」のキャッチコピーにMargie Josephの「Let's Stay Together」が流れ、「クズはクズ同士、奪い合う」と刑事・蜂谷のセリフから、止まることを知らない波乱のシーンの連続。「行くとこなんか、どこにもねぇ」と声を絞り出す安西。「ぶっ殺してみろ」と組長・杉山(奥田瑛二)の怒号。「死ねば良いですか?」と冷めた矢野。「殺すんなら、殺せ」と叫ぶ萩原。「やめな~い」と美流の覚醒。「てめぇのせいだろうが」と飯島に頭突きを喰らわす安西。全てのキャラクターが裏切り裏切られ、追い込まれていく。

 映画『グッバイ・クルエル・ワールド』は、9月9日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?