ディオールのドレスに魅せられた家政婦がロンドンからパリへ――『ミセス・ハリス、パリへ行く』公開決定

ディオールのドレスに魅せられた家政婦がロンドンからパリへ――『ミセス・ハリス、パリへ行く』公開決定

映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』ティザービジュアル(C)2022 Universal Studios

『ポセイドン・アドベンチャー』ほか数々の名作を生みだしたポール・ギャリコによる小説『ハリスおばさんパリへ行く』を、女優レスリー・マンヴィルを主演に迎えて映画化した『ミセス・ハリス、パリへ行く』が、11月18日より公開されることが決定。ティザーポスターが解禁された。

 舞台は1950年代のロンドン。戦争で夫を亡くした家政婦ミセス・ハリスは、ある日働き先で1枚の美しいドレスに出会う。それは、これまで聞いたこともなかった、クリスチャン ディオールのドレス。450ポンドもするというそのドレスに心を奪われた彼女は、パリへディオールのドレスを買いに行くことを決意する。新しい街、新しい出会い、そして新しい恋。夢をあきらめなかった彼女に起きる、素敵な奇跡。いくつになっても夢を忘れないミセス・ハリスから勇気をもらえる、ハッピーストーリーだ。

 主人公ミセス・ハリス役は、『ファントム・スレッド』(2017)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたイギリスの名女優レスリー・マンヴィル。ディオールで働くマネージャー役には、フランスが誇る大女優イザベル・ユペール。英仏2人の名女優が共演する中、フランスのアカデミー賞といわれるセザール賞の常連、ランベール・ウィルソンや『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのジェイソン・アイザックらベテラン俳優に加え、『エミリー、パリへ行く』(Netflix)で一躍人気が出たリュカ・ブラヴォー、『シスター戦士』(Netflix)で主演を務めたアルバ・バチスタなど、多彩な俳優陣が顔をそろえた。

 監督は、長編、短編、ドキュメンタリーなどでプロデューサー、脚本も務めてきたアンソニー・ファビアン。本作でも脚本とプロデューサーを兼任し、ドレスに恋をする女性が少女のようにときめく姿をファンタジックに描きだしている。

 ティザーポスターは、地味な服装のミセス・ハリスがロンドンの街に佇む姿を描いたもの。その足下の水面には、彼女がパリでゴージャスなドレスに身を包んだ姿が映っており、ハッピーなストーリーを予感させるデザインとなっている。

 本作の最も重要な要素となるのは、ディオールのドレスの数々。今まで全くドレスに縁のない生活を送ってきたハリスですら一目で恋に落ちてしまうドレスをデザインしたのは、『クルエラ』(2021)などの衣装を手掛け3度のアカデミー賞に輝くジェニー・ビーヴァン。当時女性の服に革命を起こしたといわれる、クリスチャン ディオールが手がけたデザインを克明に再現したメゾンでのファッションショーのシーンは、その優美さに思わず魅了されてしまう圧巻の場面だ。

 また、本作の字幕監修を、元『VOGUE JAPAN』の編集長でファッションジャーナリストの渡辺三津子氏が担当することも決定。渡辺氏は「『一着のドレスは人生を変える魔法を持つ』。その真実を軽やかに描いたこの作品は、私の仕事の原点を思い出させてくれる楽しい出会いでした。また、制限のある字幕でどこまでファッション界の雰囲気を伝えることができるかは、難しくも新鮮な経験となりました。“夢”の中にこそあるかけがえのない喜びを感じてもらえたらうれしいですね」とコメントを寄せている。

 映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』は、11月18日より全国公開。

関連記事(外部サイト)