榮倉奈々、前田敦子ら『モダンラブ・東京』出演 黒木華、窪田正孝は声優として参加

榮倉奈々、前田敦子ら『モダンラブ・東京』出演 黒木華、窪田正孝は声優として参加

Amazon Original『モダンラブ・東京』追加キャストビジュアル

女優の水川あさみ、永作博美、俳優のユースケ・サンタマリア、池松壮亮らが出演するAmazon Original『モダンラブ・東京』の全世界同時配信開始日が10月21日に決定。併せて、追加キャストとして、前田敦子、榮倉奈々、柄本佑、伊藤蘭、石橋凌、成田凌、夏帆の出演が発表された。また日本版ならではの取り組みとしてアニメーション作品が制作され、声優を黒木華と窪田正孝、監督を山田尚子が務めることも発表された。

 本作は、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたコラムをもとに2019年に米国で制作され、愛にまつわる物語を描いたAmazon Original『モダンラブ』を、東京に舞台を移してリメーク。7つの物語で、人の営みを紡いできた“東京”の街を舞台に、マッチングアプリでの出会いやセックスレス、シニアラブや国境を越えた恋など、現代ならではの多様な愛と人々の絆を映画界の第一線で活躍する監督たちが描く。

 前田は「海外版の『モダンラブ』がすごく好きなのでオファーをいただいた時は感動しました。『モダンラブ』にはすごく愛が詰まっているんですよね。短いそれぞれの話の中に、いろんな愛の形が綺麗に描かれていて…綺麗というのはキラキラとかではなくて、2人の愛がすごく綺麗なんです。多くの方にもこの素敵な愛を感じてもらえたらと思います」とコメント。

 榮倉は「美しい作品に出演できて、とても幸せに思います。元々『モダンラブ』のファンでしたが、さらには尊敬する廣木監督のチームに参加できるという事で緊張感に包まれた日々でした。人生の深みを感じる文学的な『モダンラブ』シリーズには心を豊かにしてもらったと思います」と話す。

 伊藤蘭は「年を重ねた男女がちょっと勇気を出して新しい一歩を踏み出そうとする姿は、時にぎこちなく微笑ましく、若者との対比も絶妙で笑いを誘います。心あたたまる作品に出演できて嬉しいです。2人の一喜一憂と思いがけない展開を是非見届けて下さい」としている。

 Amazon Original『モダンラブ・東京』は、Amazon Prime Videoにて10月21日より世界同時配信(全7話)。

 <Amazon Original『モダンラブ・東京』全7話ラインナップ>

■第1話「息子の授乳、そしていくつかの不満」(監督・脚本:平柳敦子)

 水川あさみがキャリアウーマンの高田真莉、前田敦子が真莉のパートナーである河野彩を演じる。真莉と彩は2人の子供を育てており、子育てを通して変化する真莉の心の模様が描かれる。

■第2話「私が既婚男性と寝て学んだこと」(監督:廣木隆一、脚本:黒沢久子)

 榮倉奈々が生物学の大学教員・佐藤加奈、柄本佑がフリーライターの山田圭介を演じる。加奈と圭介はセックスレスが原因で離婚した元夫婦。マッチングアプリで知り合った既婚者とその場限りの関係を結んでいく加奈が、この行動を通して自分にとって何が大事だったかに気付く姿が映し出される。

■第3話「最悪のデートが最高になったわけ」(監督:山下敦弘、脚本:龍居由佳里)

 伊藤蘭が離婚して3年がたつ学芸員の倉田奈津子、石橋凌が内装の仕事を手掛ける速水耕介を演じる。60歳を過ぎ、恋とは無縁だと思っていた奈津子が、マッチングアプリを利用して耕介とデートをすることになるというシニアラブがテーマの作品。

■第4話「冬眠中のボクの妻」(監督・脚本:荻上直子)

 結婚して3年目の夫婦の塩田健吾を成田凌、麻衣を夏帆が演じる。職場での人間関係から鬱(うつ)状態となった麻衣の笑顔を取り戻そうと、健吾が懸命に支える夫婦愛が描かれる。

■第5話「彼を信じていた13日間」(監督・脚本:黒沢清)

 テレビディレクターとして働く篠原桃子を永作博美、桃子と結婚相談所で出会う不思議な男の鈴木洋二をユースケ・サンタマリアが演じる。出会って間もなく意気投合した2人の関係が、洋二の秘密がきっかけで大きく変わっていく。

■第6話「彼は私に最後のレッスンをとっておいた」(監督・脚本:平柳敦子)

 英語のオンライン講師として働くエマをナオミ・スコット、エマの生徒マモルを池松壮亮が演じる。エマはマモルとのレッスンの時間に新たな楽しさを感じていたが、突然マモルから「今日が僕の最後のレッスン」だと告げられるところから始まる国境を越えた恋の物語。

■第7話「彼が奏でるふたりの調べ」(監督:山田尚子、脚本:荻上直子)

 黒木華がお人よしな性格の桜井タマミ、窪田正孝がタマミの高校の同級生・梶谷凛の声優を務めるアニメーション作品。学生の頃から言いたいことが言えないタマミと、疎遠になってしまったけれど心の中で気になっていた凛との学生時代の甘酸っぱい恋の思い出が描かれる。

 追加キャスト・監督のコメント全文は以下の通り。

追加キャスト・監督のコメント全文

■前田敦子

海外版の『モダンラブ』がすごく好きなのでオファーをいただいた時は感動しました。『モダンラブ』にはすごく愛が詰まっているんですよね。短いそれぞれの話の中に、いろんな愛の形が綺麗に描かれていて…綺麗というのはキラキラとかではなくて、2人の愛がすごく綺麗なんです。多くの方にもこの素敵な愛を感じてもらえたらと思います。

■榮倉奈々

美しい作品に出演できて、とても幸せに思います。元々『モダンラブ』のファンでしたが、さらには尊敬する廣木監督のチームに参加できるという事で緊張感に包まれた日々でした。人生の深みを感じる文学的な『モダンラブ』シリーズには心を豊かにしてもらったと思います。

■柄本佑

海外版の『モダンラブ』に引けをとらない作品になっているので楽しんでもらえればと思います。本作は榮倉さんの魅力を廣木監督が十二分に拾い上げているので、榮倉さんの魅力を楽しんでください。また、作品を見て自由に様々な解釈をして、仲間と自由に『モダンラブ・東京』の話をしてほしいです。

■伊藤蘭

年を重ねた男女がちょっと勇気を出して新しい一歩を踏み出そうとする姿は、時にぎこちなく微笑ましく、若者との対比も絶妙で笑いを誘います。心あたたまる作品に出演できて嬉しいです。2人の一喜一憂と思いがけない展開を是非見届けて下さい。

■石橋凌

脚本を読んだ時に、単純に面白いなと思いました。元々実話をベースにしたシリーズなので、実際にあったことなんだと非常に興味深かったです。この歳になってもラブストーリーができるんだって(笑)。いくつになっても、人との出会いがあり、“人生面白いな”と思っていただけるんじゃないかと期待しています。

■成田凌

鬱(うつ)をテーマとしていますが、マイナスな事として捉えるのではなく前向きに考えられる素敵な作品です。一生懸命に生きている中で滑稽にみえる部分があったりとか、全体的に優しくて愛おしい物語として描かれていますのでご期待ください。

■夏帆

海外版の『モダンラブ』が配信された当時、“こんな作品が日本でもできたら…”と思っていたので、東京版に参加できることがとても嬉しかったです。わたしが参加した『冬眠中のボクの妻』は一見暗く重くなりそうな題材ですが、切実さとユーモアのバランスがとても素敵な作品です。荻上監督だからこそ出せる世界観をぜひ楽しんでいただけたらと思います。
 
■黒木華

久しぶりにアニメーションをやったので少し緊張しました。どんな作品でも受け取り手の気持ちが一番大事だと思うので、この作品を見てくださった人の気持ちに届き、おこがましいですけど勇気を出す一歩になれるような働きかけができていれば嬉しいなと思います。

■窪田正孝

愛も神様も実態はないし証明もできない。でも確実に存在していて、心に繋がりや結びを与え調和してくれる。今作であなただけの愛に氣づき感じてもらえたら幸いです。

■山田尚子監督

じんわりと心に明かりがともるような作品になるといいなと思いました。一作品だけアニメということに少し緊張しましたが、“愛”という共通のテーマを扱った作品のひとつのかたちとして、垣根なく楽しんでいただければと思います。

関連記事(外部サイト)