パトリック・デンプシー&ジャック・オコンネルがF1ドライバーに! マイケル・マン新作出演

パトリック・デンプシー&ジャック・オコンネルがF1ドライバーに! マイケル・マン新作出演

パトリック・デンプシー、マイケル・マンの新作映画でレーサー役に(C)AFLO

アダム・ドライバーが主演し、『ヒート』や『コラテラル』の巨匠マイケル・マンがメガホンを取る『Ferrari(原題)』に、 パトリック・デンプシーとジャック・オコンネル、サラ・ガドンが出演することがわかった。

 本作は、ブロック・イエーツの著作「Enzo Ferrari – The Man and the Machine(原題)」を元に、マイケル・マンが監督、共同脚本、プロデュースを手掛ける作品。アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シェイリーン・ウッドリー、ガブリエル・レオンらの出演が決まっている。

 舞台は1957年夏。元レーサーのフェラーリ(アダム)が妻ローラ(シェイリーン)とともに、10年かけて1から築き上げた会社が倒産の危機に瀕する。また2人は一人息子を失い、結婚生活も危機にある。この状況で、フェラーリは危機を脱するために、伝説的な自動車レース、ミッレミリアにすべてを賭けることを決意する。

 パトリックが演じるのは、イタリア出身のレーシングドライバー、ピエロ・タルッフィ。ジャックはイギリス人レーシングドライバーのピーター・コリンズを演じ、サラは女優のリンダ・クリスチャン役で出演する。

 ドラマ『グレイズ・アナトミー』や映画『魔法にかけられて』などに出演するパトリックは、スクリーンの外ではレーサーとしても活躍し、レーシングチームのオーナーとしても知られる。俳優としては、この後『魔法にかけられて』の続編『ディスエンチャンテッド』や、ドラマシリーズ『DEVILS~金融の悪魔』のシーズン2が控える。

 ジャックは、『不屈の男 アンブロークン』や『ベルファスト71』などに出演。待機作に、ソニーとNetflixが共同制作する『チャタレイ夫人の恋人』や、リミテッドシリーズ『SAS:Rogue Heroes(原題)』がある。サラは、『ドラキュラZERO』やNetflixドラマ『またの名をグレイス』などに出演。この後主演映画2本の公開を控える。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?