「僕はカルマを信じています」 タイで起こる怪奇現象が恐すぎる 『女神の継承』監督が語る舞台裏

「僕はカルマを信じています」 タイで起こる怪奇現象が恐すぎる 『女神の継承』監督が語る舞台裏

映画『女神の継承』場面写真(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

韓国の田舎町を襲う連続変死事件とシャーマニズムの謎。鬼才ナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』(2016)は、予測不能な未体験の恐怖世界に切り込み、日本でも熱狂的な支持を集めた。そんな『哭声/コクソン』で縦横無尽に活躍する祈祷師のキャラを掘り下げる構想を出発点に、ナ・ホンジンが原案・プロデュースを手がけたのが本作『女神の継承』だ。タイの民間信仰を集める女神バヤン。その神通力を継承する女性祈祷師の一族に降りかかる恐怖の正体とは―? ナ・ホンジン初の海外合作プロジェクトへの期待はすさまじく、本作がプレミア上映を迎えた2021年の「プチョン国際ファンタスティック映画祭」では、わずか26秒でオンラインチケットが完売する異常事態に。常に最高を求める完璧主義者、ナ・ホンジンとのコラボに挑んだ、タイ屈指のホラー監督バンジョン・ピサンタナクーンに映画の舞台裏を聞いた。

■「これは『哭声/コクソン』とは似て非なる映画です」

――本作は韓国映画『哭声/コクソン』の続編的企画ですが、完成した作品はちょっとテイストが違いますね。

バンジョン・ピサンタナクーン監督(以下ピサンタナクーン監督):確かに出発点は続編で、祈祷師こそ登場するものの、舞台をタイに移して製作を進めるうちに全く異なる肌触りの作品になりました。

――姉妹編と呼ぶのが一番近いでしょうか。『哭声/コクソン』の世界観を継承した点、あえて異なる新しいアプローチをした点を教えてください。

ピサンタナクーン監督:まず、モキュメンタリー仕立てにしたのが異なる点。祈祷師の継承や地方の迷信を主題に選び、タイ東北部の少数派であるキリスト教徒を取り上げたのも珍しい点です。ただ、最後までミステリアスに物語が展開し、観客に解釈を委ねる作風は、ナ・ホンジンが意図したことで、同じ世界観ですね。

――ナ・ホンジン監督は完璧主義者だと聞きますが、プレッシャーを感じた部分はありましたか。

ピサンタナクーン監督:正直ありました。彼は本当に真面目で真摯な人なので。ただ、コロナのせいでタイの撮影現場には来られなかった。これはラッキーだったかも(笑)。もちろん、細かな意見の相違はありましたが、ズームやメールで対話を重ね、最終的な決定権は僕に委ねてくれた。双方が歩み寄って信頼を深めたんです。

■「自分の行いが自分に返って来る。僕はカルマを信じています」

――『哭声/コクソン』では信仰への疑問が「悪魔」の姿となって登場しましたが、今回は同じ恐怖でも「因果応報」や「カルマ」に寄せられていて、似た宗教的風土を持つ日本人にはしっくりきました。

ピサンタナクーン監督:タイは仏教の他にヒンドゥー教やキリスト教、精霊信仰などが混在している国です。僕自身は仏教、特にカルマの存在を信じています。自分がした行為が自分に返って来る。心の苦しみもカルマが原因で、この映画で祈祷師に起きたことにはリアリティを感じます。

――映画の舞台である緑豊かなイサーン地方も神秘的で、背景として説得力がありました。

ピサンタナクーン監督:ロケハンが本当に大変で。車で各地の祈祷師に会いに行く道中も、画面映えする風景を探したりして。女神バヤンは架空の神様ですが、その姿は実際に祈祷師が所有するさまざまな神様の像を合体させたもの。地元の方にエキストラで参加してもらったのですが、撮影用のバヤン像を終始、拝んでいたのが印象的でした。美術部が作ったニセモノなのに。信心深いんですよね。

――そんな敬虔な土地でこの映画を撮影して大丈夫だったんですか?

ピサンタナクーン監督:過激なシーンは屋内で撮影したので問題ありません!(笑)

■大切にしたのはリアルさとフィクションの楽しさのさじ加減

――前半は取材映像、後半は定点カメラを使い、クライマックスでは臨場感満点の手持ち主観映像と、異なる3つの心霊表現が駆使されていたのも面白いですね。

ピサンタナクーン監督:いずれもリアルに見えることが大前提ですが、単に怖いだけではなく、後半の儀式シーンでは劇的な見せ場も追求したかった。そのさじ加減が難しかったですね。

――怪異に遭遇した役者陣の芝居がとても自然で引き込まれましたが、目に見えない存在と共存する演技をどのように演出したのでしょうか。

ピサンタナクーン監督:シーンの設定だけを与えて、感じたまま自由に演じて貰いました。芝居が盛り上がりに欠けたり、過剰だったら僕が少し調整する。それだけです。

――“女神の継承”が女性に与える精神的・肉体的ダメージも生々しい怖さがありました。

ピサンタナクーン:国籍・文化を問わず、女性の幽霊話は多いですよね。アジアでは未だに男性優位な印象で、女性を悩ます感情の揺れはドラマにしやすい。子どもを生んだり、家庭に縛られたり。母性の強さも物語の主軸になると思います。

――撮影中、不可解な現象が起きたりは……

ピサンタナクーン監督:しませんでした(笑)。僕は、暗がりで音がしたら、その原因をすぐ確かめたいタイプなんです。幽霊を見たこともないし、遭わなくてよかったなと思います。でもホラーは楽しくて大好きですよ!

■日本の心霊ホラーで影響を受けた作品

――日本の心霊ホラーで影響を受けた作品はありますか?

ピサンタナクーン監督:『リング』(1998)と『回路』(2001)は大好きです。黒沢清監督には20年前に東京でお会いしましたが、常に個性的で素晴らしい。日本以外なら『イット・フォローズ』(2014)と、アリ・アスター監督の映画も。新しい試みをしているので。

――新しいチャレンジが重要なんですね。

ピサンタナクーン監督:僕の目標はタイの観客にウケる、理屈抜きで面白い映画を作ること。その作品が海外に売れるかは、また別の話です。ただ、今回は最初から国際市場を視野に入れていたので、文化の違いから生じる疑問点はとことん議論した。タイ人以外の視点が加わったことで、全編が特別な仕上がりになりました。

――土着信仰がテーマながら、物語は普遍的で分かりやすかったです。

ピサンタナクーン監督:映画の冒頭、家々の前に吊るされた赤い布が映りますが、あれは悪霊を払うおまじないです。ナ・ホンジンとも相談して、説明が必要な部分と、謎のまま残す箇所を線引きしました。意味が分からなくても、異なる文化圏の観客にイメージが伝わる。それが驚きで、興味深い。女神は実在するのか、祈りの先に見えるものは何か。答えは皆さんの想像力と、映画のマジックのなかにあるのだと思います。

(取材・文:山崎圭司)

 映画『女神の継承』は公開中。

関連記事(外部サイト)