大友花恋、神尾楓珠主演『ほんとにあった怖い話』作品のヒロインに 千原せいじ&田中美佐子が初出演

大友花恋、神尾楓珠主演『ほんとにあった怖い話』作品のヒロインに 千原せいじ&田中美佐子が初出演

土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』、神尾楓珠主演「非常通報」に出演する(左から)千原せいじ、大友花恋、田中美佐子(C)フジテレビ

女優・モデルの大友花恋が、8月20日21時から放送される土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』(フジテレビ系)の実録心霊ドラマの一つ、神尾楓珠が主演する「非常通報」でヒロインを演じることが発表された。

 1999年にスタートした『ほんとにあった怖い話』(通称『ほん怖』)は、実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント。心霊体験をした視聴者の証言をもとに、ゾッとする恐怖や心霊現象の不安にほんろうされつつも立ち向かっていく姿を描く。『ほん怖』クラブリーダーは稲垣吾郎が務め、小学生を中心に構成されたクラブメンバーと共に恐怖体験を紹介していく。

 実録心霊ドラマの一つで神尾楓珠が主演を務める「非常通報」に、大友花恋、千原せいじ、田中美佐子が出演することがこのたび発表された。大友は主人公の新人警備員・高橋亮太(神尾)の恋人・如月美沙役で、5年ぶりの『ほん怖』に出演。また、千原は亮太の先輩警備員・西田哲志、田中は美沙の母・郁恵を演じる。千原と田中は『ほん怖』初出演。

 ある日、亮太が先輩警備員の西田と共に夜間業務をしていると、管轄内のシルバーセンターから非常通報が入る。深夜の通報に恐る恐る現場に向かう亮太だったが、通報現場に到着すると住人の山内一茂が苦しんでいた。すぐさま救急車を呼ぶも間に合わず、山内は帰らぬ人となり、「自分がもう少し早く到着していれば…」と悔やむ亮太。

 そんなある日、亮太は恋人の美沙とデートしていると、郁恵から着信が。夕方にもかかわらず帰宅を促す連絡があり、亮太は美沙に不満をぶつける。言い合いになると美沙は先に帰宅しようと歩き出すが…亮太は彼女の様子がおかしいことに気付く。急に何かに取りつかれたようにうめき声を上げる美沙。異常な姿に焦る亮太の視線の先には山内の姿が…。その場で美沙は大けがをし、入院することに。その後、事あるごとに亮太の前には山内が現れ、怪奇現象に悩まされる日々が続く。そんなある日、亮太のスマホに美沙から「助けて」というメッセージが入る―。

 プロデュースの大野公紀(フジテレビ)は「大友花恋さん演じる美沙は、亮太の彼女であり母親思いの心優しき女性。可憐な雰囲気と共に意思の強さを合わせ持つこの役を演じていただくのは、大友さんしかいないと考えていました。『ほん怖』には5年ぶりのご出演となり、今回ヒロインとしての姿にもぜひ注目して下さい」とコメントしている。

 土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』は、フジテレビ系にて8月20日21時放送。

関連記事(外部サイト)