ウタ(Ado)×秦 基博『ONE PIECE FILM RED』劇中歌「風のゆくえ」ティザーMV解禁

ウタ(Ado)×秦 基博『ONE PIECE FILM RED』劇中歌「風のゆくえ」ティザーMV解禁

映画『ONE PIECE FILM RED』劇中歌「風のゆくえ」ティザーMVサムネイル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』より、秦基博が楽曲提供し、Adoが歌唱する劇中歌「風のゆくえ」のティザーMVが解禁された。東映アニメーションのテレビアニメ『ONE PIECE』チームがMV制作を手がけた。

 本作は、尾田栄一郎による人気漫画『ONE PIECE』を原作とするFILMシリーズ第4弾。

 舞台は、世界中が熱狂する歌姫ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、音楽の島エレジア。本作のメインキャラクターであるウタは、劇中でさまざまな楽曲を歌唱している。ウタの歌唱を担当するのは歌い手のAdo。そして、そんなウタが歌う楽曲を中田ヤスタカ、Mrs. GREEN APPLE、Vaundy、FAKE TYPE.、澤野弘之、折坂悠太、秦 基博という総勢7組のアーティストたちが提供。さらに、ウタの各楽曲のMVをそれぞれ別のアニメーターやイラストレーターが手掛けるウタMV企画も進行中だ。

 このたび解禁となったのは、第6弾、劇中歌「風のゆくえ」のティザーMV。楽曲を提供するシンガーソングライターの秦 基博は「『誰かが書いた歌』ではなく、『ウタの歌』として皆さんに聴いてもらえるような曲を作りたいと思い制作に取り掛かりました。ウタの抱える痛み、葛藤、それでも前進しようとするその姿をイメージして曲を書きました」とメッセージを寄せた。また、歌唱担当のAdoについては「レコーディングの過程の中で最後にAdoさんの豊かな歌声が入って、ウタの歌として『風のゆくえ』が完成したと感じました」とコメントし、ウタの思いが乗った楽曲が完成したことに自信をのぞかせた。そして「『ONE PIECE』の世界と出会えたことで生まれた楽曲だと思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいです」と言葉を寄せている。

 そんな「風のゆくえ」のMVは、現在放送中のワノ国編のクオリティが話題となっている東映アニメーションのテレビアニメ『ONE PIECE』チーム(東映アニメーション/ONE PIECE From TV animation)が担当。壮大でどこか懐かしい、優しく包み込まれるような楽曲に合わせ、さまざまな表情を見せる女の子の姿が描かれている。

 フルMVは、8月24日にYouTube「Adoチャンネル」にて公開。さらに本日8月3日20時には、楽曲に紐づくショートエピソード「ウタ日記#6」も「ONE PIECE公式YouTube」にて配信される。

 アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』は、8月6日より全国公開。

関連記事(外部サイト)