井浦新×柴田恭兵W主演 現役刑事と元刑事の意地がぶつかり合う!大門剛明原作『両刃の斧』、ドラマ化決定

井浦新×柴田恭兵W主演 現役刑事と元刑事の意地がぶつかり合う!大門剛明原作『両刃の斧』、ドラマ化決定

『連続ドラマW 両刃の斧』でW主演を務める(左から)柴田恭兵、井浦新(C)WOWOW

俳優の井浦新と柴田恭兵が、WOWOWにて11月から放送・配信される『連続ドラマW 両刃の斧』(全6話)でダブル主演を務めることが発表された。初共演となる2人が、15年前に起きた未解決事件をめぐって現役刑事と退職した元刑事という役どころでぶつかり合う。

 人気作家・大門剛明の同名小説(中公文庫刊)を実写化する本作は、刑事の娘が殺された未解決事件に残された不可解な謎を巡るサスペンス。監督は森義隆、脚本は鈴木謙一、音楽は大間々昂が担当する。

 柴田が演じるのは、15年前に長女を何者かに殺害された元刑事・柴崎佐千夫。懸命な捜査もむなしく事件は迷宮入り。退職後の現在は重い病を患う妻の看病をしながら未解決事件の真相を独自に追い続けている。愛する者を失った悲しみと行き場のない憤りを抱える難役だ。

 また、柴崎の元部下で現在は所轄刑事の川澄成克役に井浦新。人生の師と仰ぐ柴崎のため、そして警察官としての誇りと意地をかけて事件解決に今も執念を燃やす刑事・川澄を情感あふれる演技で体現する。

 事件から15年の時がたったある日、未解決事件の再捜査を専門とする専従捜査班が立ち上がったことで事態は動き始める。現場には不審な点が多く一向に進展しなかった捜査だが、川澄も再捜査に加わり、事件を洗い直す中で、犯人と目される「ある男」の存在が浮かび上がってくる。一方、警察を退職し、独自に真相を追う柴崎だったが、一本の電話をきっかけに抑えきれない復讐(ふくしゅう)心が沸き起こり、彼自身に「ある嫌疑」がかけられる展開に。刑事と元刑事、疑う側と疑われる側、立場の違う2人がぶつかり合う中で事件は新たな様相を見せるが…。

 井浦は柴田との共演に関して「川澄にとって柴さんは警察の先輩であり育ての親のような存在でもありますが、お芝居を離れても恭兵さんとは役柄同様の関係だったと思います。この上なく幸せで刺激的な時間でした。川澄のもつ生々しさや人間としての未熟さ、そして葛藤と苦悩。今回、役柄の輪郭をつくりあげることにとても苦労しましたが、恭兵さんがぶれない緊張感を関係性の中で終始つくってくださったお陰で、僕はそのまま川澄になっていくことができました。恭兵さんには最初から最後まで感謝しかありません」と話す。

 柴田は井浦に「どのシーンも、彼の誠実さと瑞々しさに助けられました。ありがとう 新。いつかまた」とメッセージを寄せている。

 『連続ドラマW 両刃の斧』は、WOWOWにて11月放送・配信スタート(全6話)。

※井浦新、柴田恭兵コメント全文は以下の通り

【井浦新】
◆本作のオファーを受けた際のお気持ちや脚本を読まれた際の印象など
柴田恭兵さんと刑事ものと聞いただけで鳥肌が立ち、考える余地もなくオファーを受けました。役者になる前から刺激や影響を受け、ずっと憧れてきた大先輩と共演できる機会を逃してはいけない、一緒にお芝居をしたい、まずはその一心でした。ただ、その後に脚本を読んだのですが、本当にこれはやれるのか?というのが率直な感想。
乗り越えるべき難所が数多くあり山頂が見えない、そんな高い山が目の前にそびえ立っていてるような感覚でした。これは凄いものを引き受けてしまったなと思うとともに、魂を削りながらでも全身全霊で挑むべき作品だと思いました。

◆柴田恭兵さんとの共演の感想・印象に関して
川澄にとって柴さんは警察の先輩であり育ての親のような存在でもありますが、お芝居を離れても恭兵さんとは役柄同様の関係だったと思います。この上なく幸せで刺激的な時間でした。川澄のもつ生々しさや人間としての未熟さ、そして葛藤と苦悩。今回、役柄の輪郭をつくりあげることにとても苦労しましたが、恭兵さんがぶれない緊張感を関係性の中で終始つくってくださったお陰で、僕はそのまま川澄になっていくことができました。恭兵さんには最初から最後まで感謝しかありません。

◆視聴者の皆さまへのメッセージ
もうこれ以上何も出せませんという限界まで全てを絞り出しました。それが全部映像に詰まっていると思うので、柴さんと川澄がどんなぶつかり合いをみせるのか、そしてその行方を一緒に見守ってください。そして「両刃の斧」は警察ドラマでありながら家族の愛の物語でもあります。全ての人の心に響くものが絶対にあると思いますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

【柴田恭兵】
◆本作のオファーを受けた際のお気持ちや脚本を読まれた際の印象など
あまりにも切なくて、苦しくて、悲しい台本。(ウーム 、ウーム 、ウーム 、、、)
なんとか伝えられたらと(ウーム 、、、)

◆井浦新さんとの共演の感想・印象に関して
どのシーンも、彼の誠実さと瑞々しさに助けられました。
ありがとう新。
いつかまた。

◆視聴者の皆さまへのメッセージ
コロナに負けるかと、スタッフ、役者、ドキドキハラハラしながらガンバリました。
、、、お楽しみに。

【監督:森義隆】
◆実写ドラマ化するにあたってのお気持ち
男と男が対峙するドラマは僕の十八番(おはこ)です。
「両刃の斧」の男二人は、あらゆるものを間に挟んで対峙します。愛、憎しみ、悲しみ、怒り、絶望、そして真実。
これほどまでに、熱くて悲しくてスリリングな男二人の対決を撮ったのは初めてです。当初、“泣ける刑事モノを作ろう”という目標をチームで掲げましたが、それをはるかに越えて“号泣必至の人間ドラマ”が完成しました。

◆主演を務める井浦新さん・柴田恭兵さんの印象について
とにかく柴田恭兵さんがすばらしかったです。文字通り全身全霊で作品と役に心血を注がれる、そのエネルギーと姿勢に、井浦新さんも、スタッフも、みんなが感動し、魅了されました。あるシーンでは柴田さんの迫真の演技に心を打たれ、エキストラさんたちが予定外に泣いてしまうこともありました。
その柴田さんを心底から慕い、「自分の限界を突破する」をスローガンにして食らいついていった新さんもまた最高でした。情に深いが配慮に欠ける。憎めない男だが能力は高くない。新さんにしか作れない、唯一無二の魅力あふれる主人公が誕生しました。
本当にたくさんの人に、この二人のマッチアップを目撃してもらいたいと思います。

【原作:大門剛明】
◆実写ドラマ化すると聞いた際のお気持ち
映像化されるのは率直に嬉しいです。作品を描くにあたっては、いくつも警察小説がある中でどうすれば違いを出せるかという点で苦労しました。考えたあげく、警察物と言っても芯のある面白い物語であることが大事であり、魅力ある人間たちを描いていくしかないという結論に達しました。主人公の刑事・川澄と引退した先輩刑事・柴崎の無骨な男同士の絆、夫婦・父と娘など家族の愛を描いたつもりです。自分の生み出した物語が多くの方の手によって新たな映像作品として生命を与えられていくのは面白く、時にはこう描くべきだったかと心地いい敗北感のようなものを抱くこともあります。井浦さんと柴田さんはとてもお洒落でスマートなイメージがあり、お二人ならきっと私の考えなかった川澄と柴崎を作っていただけると思いますので、期待感しかありません。楽しみにしております。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?