時任三郎、共演俳優に渡した名刺が“ときにんざぶろう 64才” 自虐ネタに「ほっこり」の声

時任三郎、共演俳優に渡した名刺が“ときにんざぶろう 64才” 自虐ネタに「ほっこり」の声

加藤柚凪を肩車する時任三郎 クランクイン!

俳優の時任三郎が4日にツイッターを更新。ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)で共演した加藤柚凪と名刺交換したことを報告した。

 時任の投稿には「共演の俳優の方に名刺をいただきました。こちらも渡さないと失礼になると思い自分の名刺作りました」というコメントとともに、手書きで作成した加藤と時任の名刺の写真が。加藤の名刺には、玉ねぎのイラストに「かとうゆずな 7才」の文字が添えられている。

 一方の時任は、富士山のイラストとともに「ときにんざぶろう 64才」と自身がよく間違えられるという名前を記した自虐ネタを入れた名刺を作成。

 投稿を見たファンからは「じいじとのやりとりに毎回、ほっこり」「出た!! にんざぶろう!」「すごく癒されました~」「二人とも最高にかわいい」と反響の声が寄せられている。

 同名漫画を実写化した『監察医 朝顔』は、主人公の興雲(こううん)大学法医学教室の法医学者・万木朝顔(上野樹里)が解剖で遺体の謎を解き明かし、見つけ出した“生きた証”で生きる人々の心まで救っていきながら、東日本大震災で母・万木里子(石田ひかり)を失った悲しみを、父・万木平(時任三郎)、夫で刑事の桑原真也(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)ら家族とともに少しずつ乗り越えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2019年から2021年に放送された本作は、今年の9月26日21時より『監察医 朝顔 2022スペシャル』を放送することが発表されている。

引用:「時任三郎」ツイッター(@tokito36)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?