『ジョーカー2』公開日決定! レディー・ガガ出演正式発表

『ジョーカー2』公開日決定! レディー・ガガ出演正式発表

『ジョーカー2』2024年10月全米公開 レディー・ガガ出演正式発表!(C)AFLO

DCコミックスに登場する悪役ジョーカーの原点を描くサイコスリラー映画『ジョーカー』。続編の『Joker: Folie a Deux(原題)』が、第1弾公開からちょうど5年となる2024年10月4日に全米公開されることがわかった。またレディー・ガガが、ハーレイ・クイン役で出演することを正式発表した。

 『ジョーカー』は、DCコミックス「バットマン」シリーズに登場するヴィランのジョーカーを基に、トッド・フィリップスがメガホンをとって映画化した作品。ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツらが出演し、DCエクステンデッド・ユニバースに属さない単独映画として、ダークな世界観で映像化された。

 Varietyによると、当初シリーズ化の予定はなかったものの、世界で10億ドル(約1332億円)もの興行収入を獲得し、またホアキンがアカデミー賞主演男優賞をするなど評価も高かったことから、続編製作に繋がったとみられる。

 また、ハーレイ・クイン役で出演交渉中と報道されていたレディー・ガガが、ツイッターに「PHOENIX(フェニックス)」「GAGA(ガガ)「JORKER(ジョーカー)」という文字とともに、男女のシルエットがダンスをするアニメーション動画を公開。出演を正式に発表した。

 ハーレイ・クインはジョーカーの精神科医で、やがて恋に落ち、虐待的な関係をずるずる続けるキャラクター。ジョーカーの犯罪のパートナーとしても知られる。タイトルの「Folie a Deux」が、フランス語で妄想性障害の一つである感応精神病を意味することから、ハーレイ・クインとの関係をテーマに描かれるのではないかとみられる。

 続編『Joker: Folie a Deux』は、前作に引き続きフィリップスが監督と共同脚本を担当。前作とは作風を一変し、ミュージカルとなることがわかっている。

引用:「レディー・ガガ」ツイッター(@ladygaga)

関連記事(外部サイト)