二宮和也、今だから話せる秘話とは? 『日曜日の初耳学』インタビュアー林修企画に2週連続で登場

二宮和也、今だから話せる秘話とは? 『日曜日の初耳学』インタビュアー林修企画に2週連続で登場

8月7日放送『日曜日の初耳学』より(C)MBS

二宮和也が、『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系/毎週日曜22時)に8月7日から2週にわたり出演。ハリウッドデビューの舞台裏から最新作まで、今だから話せる秘話を続々と明かす。

 MCの林修が“時代のカリスマ”と一対一で相対する人気企画「インタビュアー林修」で、二宮を2週にわたって直撃。14歳でドラマデビューし、ジャニーズ初のハリウッド進出を果たすなど、俳優としても高い評価を得る二宮が、「演技」について語り尽くす。共演者たちが語る、その類まれなる才能とは? そして、そんな二宮が明かした知られざる葛藤とは?

 俳優・二宮和也の転機ともいえるのが、23歳の時に出演したクリント・イーストウッド監督作の映画『硫黄島からの手紙』。オーディションを受けることを決めた意外な動機や、二宮を驚かせたハリウッドならではのスケール感あふれる体験、そして共に撮影期間を過ごした渡辺謙との秘蔵エピソードなどを明かす。また、作品が注目を浴び俳優としての評価を上げる一方で、葛藤も抱えていたという二宮。当時を振り返り語った心の内とは?

 さらに、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した映画『母と暮らせば』で共演した吉永小百合をして「天才」と言わしめ、大御所脚本家・倉本聰からも絶対の信頼を得る二宮が、自身の演技について語る。本番直前までゲームに没頭している二宮流役作りの真意とは?

 そんな二宮がこれまでにない取り組みをしたという最新主演作『TANG タング』。作品への思いとともに、同作出演の裏に秘められていた嵐への熱い思いを明かす。

 『日曜日の初耳学』は、MBS・TBS系にて毎週日曜22時放送。

関連記事(外部サイト)