野村周平、『闇金サイハラさん』で犀原の宿敵・半グレの象山に 最凶怪人・肉蝮役は東啓介

野村周平、『闇金サイハラさん』で犀原の宿敵・半グレの象山に 最凶怪人・肉蝮役は東啓介

ドラマ『闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん』場面写真(C)2022 真鍋昌平・山崎童々・小学館/ドラマ「闇金サイハラさん」製作委員会・MBS

女優の高橋メアリージュンが主演を務める9月20日スタートのドラマ『闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん』(MBS、TBS/毎週火曜深夜)で、犀原(高橋)の“宿敵”となる半グレの象山役を野村周平、原作でも人気の“最凶怪人”肉蝮(にくまむし)役を東啓介が演じることが発表された。併せてメインキャラクター大集合のビジュアルも解禁となった。

 累計2100万部突破、法外な金利で金貸しをする闇金融業者と債務者たちの人間模様や社会の闇を描いた人気漫画『闇金ウシジマくん』。2010年に山田孝之主演でテレビドラマにて実写化され、その後映画、スピンオフ作品も含めると10タイトル、約6年にわたって続いた実写版シリーズは、闇金・丑嶋馨)とその仲間たち、彼らに金を借り闇に落ちていく人間たちの姿を、時にコミカルに、時にハードに描いた。2016年に映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』で実写版シリーズが終了してから6年。本作で新章が幕を開ける。

 主人公は、映画Part2から登場し、狂気に満ちた取り立てで視聴者を震え上がらせた、丑嶋馨の最大の宿敵、女闇金・犀原茜。これまでのシリーズでは、丑嶋のライバルとしてしか描かれてこなかったが、女性でありながら非合法な金貸しとして生きる彼女がアウトローゆえにヤクザたちにつけこまれ、理不尽な要求を受けながらも裏社会で生き抜くさまが、本作で描かれる。そんなダークヒロイン・犀原茜を再び演じるのは、高橋メアリージュン。

 野村周平が演じる犀原の最大の宿敵・象山彪(きさやま・たけし)は、恐喝、オレオレ詐欺、売春、あらゆる犯罪に手を染める不良グループのリーダー。目的のためなら残虐非道な行為も辞さず、ヤクザにも引けを取らない極悪人だ。

 演じる野村は「今回、皆様に愛される人気作品に参加することができとても光栄に思います。6年ぶりの新章ということで私自身テンションが上がっていましたが、高揚した思いそのままに少し悪い役を演じておりますので皆様に不快な印象を与えるかもしれませんが、そこは闇金シリーズのご愛嬌ということで何卒ご了承ください。それでは象山の活躍をどうぞお楽しみに」と、ちゃめっ気たっぷりにコメントを寄せた。

 象山役の解禁をもってその全貌が明らかとなった本作だが、併せて、メインキャラクター大集合のビジュアルも完成。一癖も二癖もある面々の中に、常軌を逸した存在感で顔をのぞかせるのは、原作でも人気キャラである“最凶怪人”肉蝮。本作では若手俳優の東啓介が肉蝮役を演じる。超人レベルの強さと肉体で全ての者を脅かす肉蝮は、ドラマの後半に登場する。

 さらに、本日8月8日26時30分よりMBSにてドラマ『闇金ウシジマくん Season1』の再放送がスタートする(毎週月曜26時30分)。dTV/Netflixでは実写版『闇金ウシジマくん』シリーズ全7作が一挙配信中。

 ドラマ『闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん』は、9月20日より、MBSにて毎週火曜24時59分、TBSにて同25時28分放送。9月13日26時よりdTV/Netflixにて先行配信がスタート。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?