生駒里奈主演『OTHELLO』に森脇健児がゲスト出演 原作・脚本の鈴木光司が誕生秘話を語る

生駒里奈主演『OTHELLO』に森脇健児がゲスト出演 原作・脚本の鈴木光司が誕生秘話を語る

ドラマ『OTHELLO』に出演する森脇健児(C)ABC

女優の生駒里奈が主演を務めるドラマ『OTHELLO(オセロ)』(ABCテレビ、テレビ神奈川)の第3話(8月23日放送)に、森脇健児が物語中盤のカギを握る怪しいテレビ局プロデューサー役でゲスト出演することが発表された。また、第4話に謎の霊能力者役でカメオ出演する原作・脚本の鈴木光司のスペシャルインタビューが解禁された。

 本作は、「リング」「貞子」シリーズで世界にジャパニーズホラーブームを巻き起こした鈴木光司による、オリジナル最新作のホラーサスペンス。

 舞台は、とある大阪の小劇団。念願の東京公演を間近に控え、稽古に励む劇団員たち。そんな彼らに、次から次へと襲い掛かる怪奇現象。劇団の看板女優・山口麻依(生駒)は、舞台を成功させるべくヒロインの役を全うしようと懸命に努力するが、劇団員たちに疑心暗鬼の渦が巻き起こり…。

 今作が連続ドラマ初主演となる生駒里奈は、劇団の看板女優・山口麻依と、病でこの世を去った麻依の姉・真理子の一人二役を演じている。

 第3話では、怪奇現象の数々が劇団の売名行為になるとたくらむ劇団の主宰者・重森(橋本じゅん)が、知り合いのテレビ局プロデューサー・斉藤(森脇)に「幽霊騒動」を特集してもらおうとお願いするのだが…。斉藤の登場により、さらなる不可解な現象が巻き起こる。

 森脇は「今回演じるのはテレビプロデューサー! 『こんな人、おったな〜』を想定して演じさせて頂きました。撮影現場は何度もリハーサル、自主トレをしてお芝居を固め、アドリブなども飛び交う和やかな雰囲気でした。真夏の夜にホラードラマ『OTHELLO』を見て全身凍り付いてください。ドラマで怖がるには、素直、謙虚、感謝の気持ちで見るとより一層、楽しく怯えてもらえます」とコメントしている。

 一方、鈴木光司はインタビューで、「この作品では“怖さと笑い”その感情の振り幅を急傾斜であっちこっちに揺さぶって、観た後には突き抜けたような開放感を味わえる作品を目指しました。ホラーの“あるある”には決して陥らない、新しいホラー作品ですよ」と語った。

 また、劇団の稽古場で怪奇現象が起こるという設定については「僕自身、作家になる前に劇団で文芸演出部に所属していたんです。そのときの経験がモチーフになっています。実は、登場人物の遠山(須賀健太)は、劇団時代の僕がモデルでもあるんですよ。僕自身は怖い体験をしたことはないんですが(笑)。ただね、劇場や稽古場って怪奇現象の宝庫でもあるんです。逃げ場もないですし、古ければ古いほどいわくつきの話が出てくる…」と明かした。

 ドラマ+『OTHELLO』は、ABCテレビにて毎週日曜24時25分、テレビ神奈川にて毎週火曜23時放送。

 鈴木光司のインタビュー全文は以下の通り。

<原作・脚本:鈴木光司スペシャルインタビュー>

――『OTHELLO』誕生秘話お聞かせください。

 企画は昨年(2021年)。この作品が放送される頃にはコロナ禍も収束して世間は明るいムードになっているだろうと考えていたんです。ホラー作品ではあるけれど、みんなで楽しくなれるような作品にしよう、と。僕は「ホラー」をよくジェットコースターに例えるんですが、傾斜角が急であればあるほど興奮するでしょう? この作品では“怖さと笑い”その感情の振り幅を急傾斜であっちこっちに揺さぶって、観た後には突き抜けたような開放感を味わえる作品を目指しました。ホラーの“あるある”には決して陥らない、新しいホラー作品ですよ。

――物語は、劇団の稽古場で怪奇現象が起こる…というものですが、この設定というのは?

 僕自身、作家になる前に劇団で文芸演出部に所属していたんです。そのときの経験がモチーフになっています。実は、登場人物の遠山(須賀健太)は、劇団時代の僕がモデルでもあるんですよ。僕自身は怖い体験をしたことはないんですが(笑)。ただね、劇場や稽古場って怪奇現象の宝庫でもあるんです。逃げ場もないですし、古ければ古いほどいわくつきの話が出てくる…。ホラー作品にふさわしい場所を考えるときに、“暗くて狭い場所”というのがあると思うんですね。それに加えて水気のある場所ということで井戸を舞台に設定したのが『リング』。『OTHELLO』では、逃げ場のない場所ということで劇団の稽古場でさまざまな怪奇現象が起きるという設定にしました。

――4話のカメオ出演、霊能者・太田無軌道のモデルは?

 2000年頃に岐阜で“幽霊マンション騒ぎ”というのがあって、連日のようにワイドショーで取り上げられていたんです。その当時、僕は現地へ取材に行って、住人のみなさんに直接お話を聞いたんですよ。そうしたら、3階のバルコニーにいないはずの人が歩いている影を見たり、いきなりお皿が割れるラップ現象が起きたり…そうした怪奇現象がいろんなお宅で起きている、と。

 そのときに面白かったのが、全国から霊能者を名乗る人が「我こそは!」と、たくさん集まってきたという話で…。「怪奇現象の原因はこの木だ」と言ってその木を切るんだけど、怪奇現象は収まらない。次に現れた人は「この石が原因だ」と言ってその石を持ち帰るんだけど、また怪奇現象が起こる…。その都度、その霊能者たちは退場させられるんです。そんな霊能者の着想を得て、太田無軌道が誕生しました。

――お話を聞いていると、時代背景や、鈴木さんのこれまでのご経験といったエッセンスが盛り込まれた作品となりそうですね。

 作品というのは、自分の経験から創作の種が生まれるものなので、かなり盛り込まれています。そして、ホラー作品ではあるけど、最終話まで観ていただけると元気が出る作品になっています。『OTHELLO』というタイトルの意味をみなさんそれぞれに感じていただきながら、最後は明るく楽しい気分になってもらえたらと思っています。

関連記事(外部サイト)