鈴木伸之&内田理央共演 大人の胸キュンラブストーリー『自転車屋さんの高橋くん』実写ドラマ化決定

鈴木伸之&内田理央共演 大人の胸キュンラブストーリー『自転車屋さんの高橋くん』実写ドラマ化決定

ドラマ『自転車屋さんの高橋くん』にて共演する鈴木伸之と内田理央

俳優の鈴木伸之が主演を務め、女優の内田理央が共演するドラマ『自転車屋さんの高橋くん』が、テレビ東京ほかにて11月より毎週木曜24時30分に放送されることが決まった。

 リイド社「トーチweb」で掲載中の松虫あられによる同名漫画を実写化する本作は、世話好き年下ヤンキーと内気なアラサー女子の大人の胸キュンピュアラブストーリー。年下ヤンキー・高橋遼平を鈴木伸之、アラサー女子・飯野朋子を内田理央が演じる。脚本は北川亜矢子。

 東京出身の飯野朋子、略してパン子30歳。岐阜で一人暮らしをしながら、会社勤めをしている。人付き合いが苦手で自分の意見をはっきりと言えないパン子は、会社では上司から微妙なセクハラを受けたり、同僚からの誘いを断れずにいて悩む日々を送っていた。ある日、自転車で街に出かけた朋子は、チェーンが外れたことをきっかけに近所の自転車屋を営む高橋遼平と出会う。イケメンだが見た目がヤンキーで、ちょっと強引な遼平を怖いと感じる朋子だったが、悩んでいることを否定せず、優しく寄り添ってくれる遼平に徐々に引かれていき…。

 鈴木は「原作を読ませていただいた際、様々な登場人物とのやり取りや行動など、直接的な表現以外でキャラクター各々の人間性が描かれていて、とても素敵な作品だと感じたのを覚えています。そんな作品に携わることができて本当に嬉しいです。今回演じるにあたり、寡黙で不器用でありながらも、優しくて心が温かい人間であるという遼平の最大の魅力を、映像を通して皆さんに伝えられるように頑張りたいと思います」とコメント。

 内田は「元々原作の漫画を持っていて、真っ直ぐで優しい遼平君にきゅんとしていました。なのでドラマ化はきっとするだろうとは思っていたのですが…まさかパン子でオファーを頂けるなんて!! とても光栄です。半分が岐阜ロケで、原作のモデルとなった街での撮影となります。ギュッと凝縮された時間が過ごせるかなととても楽しみです」と話す。

 原作者の松虫は「LDHさんにドラマ化のお話を頂いた時は確か1巻が出てしばらくした頃。私は密かに鈴木伸之さんが良いな~と思っていたらLDHさんに高橋くん役に鈴木さんを勧めて頂きビックリしたのを思い出します。そしてパン子の役は難しく中々難航していたところ、ドラマで内田理央さんの演技に惹かれたのを思い出し、お引き受け頂けるか心配でしたが、前向きにお引き受け頂けて嬉しく思いました」としている。

 木ドラ24『自転車屋さんの高橋くん』は、11月より、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知にて毎週木曜24時30分、BSテレ東、BSテレ東4Kにて毎週火曜24時放送。

 ※キャストと原作者のコメント全文は以下の通り。

<キャスト&原作者コメント全文>

■鈴木伸之(高橋遼平役)

 高橋遼平役を演じさせていただきます、鈴木伸之です。原作を読ませていただいた際、様々な登場人物とのやり取りや行動など、直接的な表現以外でキャラクター各々の人間性が描かれていて、とても素敵な作品だと感じたのを覚えています。

 そんな作品に携わることができて本当に嬉しいです。今回演じるにあたり、寡黙で不器用でありながらも、優しくて心が温かい人間であるという遼平の最大の魅力を、映像を通して皆さんに伝えられるように頑張りたいと思います。是非皆さんにご覧になっていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

■内田理央(飯野朋子役)

 元々原作の漫画を持っていて、真っ直ぐで優しい遼平君にきゅんとしていました。なのでドラマ化はきっとするだろうとは思っていたのですが…まさかパン子でオファーを頂けるなんて!! とても光栄です。半分が岐阜ロケで、原作のモデルとなった街での撮影となります。ギュッと凝縮された時間が過ごせるかなととても楽しみです。

 そして大垣で少しでも美味しいものが食べられるといいなと思い、パンフレットを熟読しております(笑)。パン子として遼平くんの一番近くできゅんとしながらも、視聴者の皆さんを毎週ドキドキさせられるように精一杯頑張ります。是非お楽しみに!

■原作・松虫あられ

 LDHさんにドラマ化のお話を頂いた時は確か1巻が出てしばらくした頃。私は密かに鈴木伸之さんが良いな~と思っていたらLDHさんに高橋くん役に鈴木さんを勧めて頂きビックリしたのを思い出します。そしてパン子の役は難しく中々難航していたところ、ドラマで内田理央さんの演技に惹かれたのを思い出し、お引き受け頂けるか心配でしたが、前向きにお引き受け頂けて嬉しく思いました。そして脚本の北川亜矢子さん。こちらの要望や提案を何度もお聞きいただき、とても面白い脚本に仕上げて頂きました。私自身このドラマにとても期待しております。

■監督/プロデューサー・太田勇

 初めて「自転車屋さんの高橋くん」を読んだ時、古い映画に出てくるような奥ゆかしくてもどかしい2人の恋愛にすぐに夢中になり、こんな素敵な漫画に出会えたことに心が震えました。映像化が決まった時も、その喜びに心が震えました。そしてこの原作の素晴らしさをどうしたら映像化できるのか、出した答えは、漫画の舞台である岐阜県大垣市で撮影することでした。

 予算がないことで有名なテレ東深夜ドラマで3週間の地方ロケ、今度は別の意味で心が震えました…ドロドロ不倫や激しい恋愛が昨今の深夜ドラマのトレンドですが、その真逆の作品です。中々サビがこない素敵なラブソングのような恋愛ドラマを一緒に楽しんで頂けたらと思います。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?